以前の記事
TPEドールのドールアイ(眼球)について
で告知しました、ドールアイの交換を行いました。

交換後の目
TPEドール OR156B Ketty
いかがでしょう?

※ビジュアル的に偲びないので眼球を外した顔の画像はありません。
動画や他さんのサイトで見れると思いますので、ご容赦ください。

「Changing Eyes on your WM Doll」
などで検索していただけると見られると思います。

一番肝心の外す時と、入れる時、爪楊枝を1本用意すると簡単に着脱できます。
視線を上に向けて、頬側(目の下)に爪楊枝の丸い方を入れるとペロンと外れます。
入れる時も、上を差し込んでから、下まぶたを爪楊枝で広げると簡単に入ります。

では詳細。

今日届いたパラボックスさんのドールアイ
パラボックスさんのドールアイ梱包
品名は「パーツ・雑貨」です。

開封
パラボックスさんドールアイ
ネコポスなら送料も安いです。

24mmブラウン2個セット
パラボックスさんのドールアイ
仕上がりはお値段なりかな?

ハイライト位置確認
24mmブラウン ドールアイ
左右の差はほぼ感じませんね。

前後のパーツを分離します。
パラボックス ドールアイ
接着はしていませんが、けっこう硬いので、最初にカッターの刃を入れて隙間を作り、マイナスドライバーなどでやさしくこじりながら広げると外れます。

両方分離完了
パラボックス ドールアイ
サイズはぴったり24mmです。

バリがあるので、電動爪磨きで面取りをします。
パラボックス ドールアイ
左が面取り済み、右は未処理です。

バリをそのままにするとTPEの目袋を傷つけてしまいそうなので、角は丸くしておいた方がいいと思います。

両方を面取りして、新しい目の準備は完了です。
パラボックス ドールアイ
傷付けることなく準備を終えました。

オリジナルのドールアイ
TPEドール OR156B Ketty
ハイライト位置がガチャになっているのがわかると思います。

眼球は意外と簡単にプリンと外せます。
中の綿が出てきてまつげと絡むので、丁寧に戻しておきます。

左はORのドールアイ、右がパラボックスさん。
ドールアイ 比較
ORさんの方は眼球径が33mm、アイリスが13mmありました。
パラボックスさんは眼球径24mm、アイリス径12.8mmで、こちらの方が圧倒的に実際の人間に近い形状です。

こうやって比較すると、オリジナルの方は作りの粗さも目立ちます。

オリジナルの左右
ORのドールアイ
ガチャ目の原因がわかると思います。
アイリスの盛り上がりが全然違いますね。

この差を均等にしてあげればハイライト位置も揃うと思いますが、私にそんなテクはないので、オリジナルはこのまま保管しておきます。

ドールアイ交換完了
TPEドール OR156B Ketty
少しキツくなった印象がするのは、アイリスが小さくなっているためだと思います。

径で9mm差があるので、馴染むか不安でしたが、不自然さは感じませんでした。
ただ、やはり目が変わると顔全体の印象が変わりますね。
目は口ほどに物を言うとはよく言ったものです。

24mmでも白目の余白は十分なので、左右に振っても縁が見えることはありません。
見比べると、眼球のRが人間と同じ24mmはさすがにナチュラルですね。

元のアイリスがかなり黒かったので、だいぶ明るい色になった印象はありますが、相対的により人間に近づいたように思います。

あと、虹彩と瞳孔が明確にわかるようになったので、視線合わせがよりシビアになりました。
径が小さくなっているので、眼球が動きやすくて視点を合わせるのに慣れが必要だと感じましたね。

やってみた感想として、簡単に交換できるし、パラボックスさんの物の方が仕上がりもいいので、中華TPEをお迎えされた方で、ドールアイに不満を感じた方は、パラボックスさんの24mmブラウンオススメです。

TPEドール OR156B Ketty

しばらくはこれで作品作りをしようと思います。
以上、TPEドールの眼球(ドールアイ)交換でした。

ホーム