Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ Author:あいあい

2016年01月

(妄想)マドンナJK 右原あさみ 完結編

妄想劇場029「マドンナJK 右原あさみ 完結編」

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

まえふり
「俺」は三流学園3年の落ちこぼれ男子。

「彼女」は学園のマドンナで3年の「右原あさみ」
木偶の坊タイプG夏音
卒業を間近に彼女への思いを抑え切れず・・・。

『マドンナJK 右原あさみ 完結編』

奇しくも3年間同じクラスだった右原。
1年の時からアプローチする男が後を絶たない。
しかし、彼女は誰とも付き合うことなく今に至る。

落ちこぼれの俺は思いを告げることもできず、右原と同じ大学を受けるも見事玉砕。

それでも自分としては上出来の大学に合格した。
あとは卒業を待つばかりだ。
夕焼けの校舎
(どうせダメ)
結果はわかりきっていたが、この思いを伝えずにはいられなかった。
夕焼けの教室
放課後の教室に右原を呼び出した。

「右原、好きだ。付き合ってくれ!」
木偶の坊タイプG夏音
黙り込む右原。

「・・・遅いよ」
「え?」
「ずっと待ってたんだぞ」
「えええ?」
「入学式の時からの一目惚れなんだから」
「はああ!?」

事態が飲み込めなかった。
『あの』右原がずっと俺を?
いや、ドッキリだ。俺はからかわれている。
カメラはどこだ? これで調子に乗ったらいい笑いものにされる。

周囲をきょろきょろ見回す俺。
木偶の坊タイプG夏音
「? 何してるの?」

「え? あ! いや、カメラ探して…」
「んなもんあるわけないでしょ」
「マジか!?」

だんだん事態が飲み込めてきた。
思い返せば思い当たる節はある。
いや、いっぱいある。
しかし俺は右原が誰にでも優しいからだと思っていた。

ちょっと待て。
ふと我に帰る。
『この』右原が俺を好きだなんて知れたら、俺は学園中の野郎に八つ裂きにされる。
いや、マジで殺されるぞ。

(どうする! 俺!?)

「私ね、卒業したいの」
木偶の坊タイプG夏音
(鼻血ブーだぜ!)

こんな日に限ってローターもディルドも持ってない。
しかし、この雰囲気。今ここで抱けと言っている。
(どーすんだよ! 俺!!)

(…よし、いいだろう。今後のことは、今後考えよう)

一歩前に出て、右原のくちびるに軽くキスした。
木偶の坊タイプG夏音
右原のくちびるはぷるぷるで軟らかかった。

右原がキスもしたことがないと言うのは周知の事実で、実は俺も初めてだった。
おたがいファーストキス同士。心臓がバクバク言った。

右原のスカーフをほどく。
木偶の坊タイプG夏音
手が震える。

「うふふ。震えてる」
(勘弁してくれー!)
「震えてねーし」

ファスナーを落ろして前を開く。
木偶の坊タイプG夏音
(ヤバい、目眩がする)

夢にまで見て、何度もおかずにした右原のおっぱいの、実物が目の前にあった。
俺なんかが汚してしまう申し訳なさと、彼女の望みをいい形で叶えよう言う気負いで、頭が完全に混乱していた。

背中に手を回しブラのホックを外す。
木偶の坊タイプG夏音
(うおお! きれいな乳だ!)

彼女の乳首を拝んだことで、俺の頭は完全にエロモードへと切り替わる。
初物AVの男優になりきっていた。

「横になって」
右原の背中に手を回し、ゆっくり寝かせる。
木偶の坊タイプG夏音
ぎこちなさで彼女も緊張してるとわかった。

乳首をしゃぶったり乳房を押して性感帯を探る。
しかし未開発ボディはまったく感じる様子がない。

焦らずじっくり胸を責める

30分は責めただろうか、右原が吐息を漏らした。
木偶の坊タイプG夏音
「はぁ~」

「気持ちいい?」
「うん」

脇からへそと少しずつ場所を移し股間に到達した。
木偶の坊タイプG夏音
かわいいパンツだった。

汚したら悪いのでそっと脱がせる。
木偶の坊タイプG夏音
(ネットで見たびらびらがねぇ! どう言うことだ?)

彼女の大陰唇は閉じていて、ぷにまん状態だった。
訝しげに顔を寄せ、舌で軽く舐め上げて見る。

すると蕾が花開くように大陰唇の奥から小陰唇が顔を覗かせる。
木偶の坊タイプG
(なるほど! こうなってるのか)

初めての女体に興奮した。
(ってことは、クリも舐めれば顔出すんだな)
かすかに見える小陰唇の上側をちろちろと舐める。

「んふぅ~」
右原が甘い声を出す。
しばらくするとおマメが隆起してきた。

舌でやさしく剥いて、クリトリスを責める。
すると右原は腰をくねらせる。
(ローターがあればなぁ・・・)
舌で30分は責めただろうか、右原がイきそうな気配はない。

(あまり時間も掛けられないな)
教師が見回りに来たら大問題だ。

「慣れてないと、イカないかも知れないけど・・・」
「いいよ・・・だいじょぶ」

舌で舐め回し唾液を塗りたくったが、濡れも足りず、明らかにまだ早かった。
「痛いと思うけど、初めだけだから」
「うん・・・」

ズボンを下ろしペニスを割れ目に当てる。
「じゃ、いくよ」
「きて」

(にゅる)
木偶の坊タイプG
「痛い!」

右原が悲痛な声をあげる。
膜が破れるのを感じた。
そこを見ると鮮血が滲んでくる。

自分のことより右原の様子が気になった。
恐る恐るピストンする。
「いたーい」
右原は俺の背中に爪を立てた。
気の毒で少し気持ちが萎える。

それでペニスが小さくなったのか、右原の表情も緩和してきた。
木偶の坊タイプG夏音
その顔を見て我に帰る。
木偶の坊タイプG夏音
(憧れの右原とつながってる)

ペニスがあっと言う間に復活した。
「あっ!」
痛みから右原があげた声にスイッチが入る。

「イ、イきそうだよ」
「いいよ、イって!」

ガクガクとピストンした。

「イくっ!」
木偶の坊タイプG夏音
「うっ」

慌てて引き抜き、床に精液をぶちまける。
床にぶっ放す
(ドピュン! ドピュン!)

「ふぅ・・・」
木偶の坊タイプG夏音
右原が俺を見る。

微笑む俺に右原が言う。
「気持ちよかった」
「今度ホテルでゆっくりやろうな」
「うん」

右原の持っていたティッシュで床を拭き取った俺たちは、二人揃って下校した。

右原が初めてイったのは、それから2週間後。
俺たちが大っぴらに付き合い始めたのは、学園を卒業してからのことだった。

出演:あさみ 作:あいあい 撮影:EOS KDX 18-200IS

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
新人!kawaii*専属処女デビュ 美星るか
新人!kawaii*専属処女デビュ 美星るか

ホーム

セーラー戦士(第二話)

リレー小説「セーラー戦士」第二話(マーキュリー登場)

ムーンの敗北を知ったタキシードじじいは新たにマーキュリーにお嬢様捜索を依頼した。
マーキュリー(あちょーさん)
スラムを訪れるマーキュリーに男たちがはだかる。
マーキュリー(あちょーさん)
「ムーンに乱暴したのはあなたたちね! 水でもかぶって反省しなさい!」
マーキュリー(あちょーさん)
戦うマーキュリーだが多勢に無勢。
マーキュリー(あちょーさん)
捕らえられてしまうマーキュリーだった。

つづく

作:あいあい 撮影:あちょーさん

ホーム

セーラー戦士(第一話)

リレー小説「セーラー戦士」第一話(ムーン登場)

タキシードじじいから家出したお嬢様の捜索を頼まれたムーン。
木偶の坊タイプG キュート
お嬢様がスラム街に潜伏していると言う情報を得てここに来た。
木偶の坊タイプG キュート
ここは不良グループ「ダークキング」が牛耳るエリアだ。

男たちが現れる。
お嬢様のことを尋ねるムーンだが、男たちは襲ってくる。
木偶の坊タイプG キュート
必殺技を繰り出すが服を脱がされてしまう。
木偶の坊タイプG キュート
抵抗するもヤられるムーン。
木偶の坊タイプG キュート
フィニッシュは中出しだ。
木偶の坊タイプG キュート
復讐を決意するムーンであった。

作:konさん+あいあい 撮影:あいあい

ホーム

ぬいドールで1番きれいなヌードを目指すグラビア1

タイプGをお迎えして、そのボディのナチュラルさに感動しました。
性玩具としてのぬいドールは何社かから販売されていますが、グリップボディなどの機能は別として、造形だけをとって見ると、トップクラスの美しさだと思います。
そこで、グラビアのカテゴリでは、しばらくひとみ(タイプGキュート)のヌードを掲載しようと思います。
まだまだ硬いので思い通りのポーズがつけられませんが、回を重ねて、「これはぬいで一番美しいヌードだ」と思える画像が撮れるまで続けようと思っています。
なお、画像はフリーソフトで修正を加えていますことを、予めご了承ください。

木偶の坊 タイプG キュート
木偶の坊 タイプG キュート
木偶の坊 タイプG キュート
木偶の坊 タイプG キュート
木偶の坊 タイプG キュート
木偶の坊 タイプG キュート
今後、ヌードグラビアをよく観察して、ひとみがとれるポーズで官能的なものにトライしていこうと思います。
参考になるモデル、画像などありましたらお教えいただけるとうれしいです。

ホーム

(妄想)RQ 牧川ひとみ

妄想劇場028「RQ 牧川ひとみ」タイプGデビュー作

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

まえふり
俺は28歳のRQを専門に撮ってるカメコ(カメラ小僧)。

彼女は、RQの牧川ひとみ19歳。
木偶の坊 タイプG キュート
レース中断でヒマになった彼女のあとを追い・・・。

『RQ 牧川ひとみ』

国内で最も人気のある4輪レースが開催されるスピードウェイに来ていた。
目的はランキング1位のチームでレースクイーン(以下RQ)を務める牧川ひとみを撮影することだ。

彼女が登場した。
木偶の坊 タイプG キュート
瞬く間にカメコが彼女を囲む。
木偶の坊 タイプG キュート
すっかり顔だからひとみも俺に目線をくれた。
木偶の坊 タイプG キュート
こうしてつかの間の撮影タイムが終わる。

レースが始まった。
ポールポジションの彼女のチームがスタートで後続を大きく引き離す。

順調だったレースは、中盤に周回遅れのチームが派手にクラッシュ!
SC(セーフティカー)が入る事態となった。

コースに散乱した破片の撤去に時間が掛かる。
こうなるとピットクルーもRQも暇だ。
彼女がピット裏通路に入るのを俺は見逃さなかった。

カメコの必須アイテム「パドックパス」でピット裏に入る俺。
木偶の坊 タイプG キュート
(いた!)

彼女のけつがたまらなかった。
さいわい周りには誰もいない。
(やるしか!)

俺は彼女を薄暗い会議室に押し込んだ!

「きゃあああああああああああああ」
木偶の坊 タイプG キュート
(ドサッ!)

「助けてえええええええええ!」
ひとみは悲鳴を上げる。
しかし、フォーメーションラップとは言え、レースカーの爆音に悲鳴も掻き消された。

「ひとみ! ずっと好きだったんだっ!」
抱きついて彼女の動きを封じる。
「ちょっと、やめて!」

RQ衣装の胸をめくり、おっぱいを露出させた。
木偶の坊 タイプG キュート
「いやあああああああああああああ」

俺はその張りのある形のいいおっぱいを揉みしだく。
「やめてって言ってるでしょ!」
ひとみは俺の腕を掴み抵抗した。

その時だった!

「セーフティーカーが離れ、レース再開です!」
場内アナウンスが響く。

観客たちは怒涛の歓声を上げた。
(運は俺に味方した!)

慌しくなったピットでは、RQが一人いなくなったところで誰も気にもとめない。
例え人が廊下を通っても全開で走るマシンの爆音で誰も気付かない。

「RQなんて身体見せてなんぼだろ! 一発ヤらせるくらいどーってことねーよな!」
「そんなわけないでしょ!」

脚をばたつかせ暴れるひとみ。
木偶の坊 タイプG
彼女を静かにさせたかった。

(ここは急所責めだな)

荒々しく股間をまさぐり責めた。
木偶の坊 タイプG キュート
「うっ」

彼女の動きが止まった。
「おや? ここいいのか?」
「やめて・・・」
(感度のいい女だ)

「どうせドライバーやスポンサーとよろしくやってんだろ」
「そんなこと、してない」
明らかに彼女の声が艶かしくなっている。
(これならヤれる)
俺はにやりと笑った。
「気持ちよくさせてやるから楽しもうぜ」

パンティのひもをほどく。
木偶の坊 タイプG キュート
(かわいいピットだ)

指を突っ込んだ。
「あうっ!」
「ふふっ、ここだな」
Gスポを激しく責めた。

「あああああああ」
木偶の坊 タイプG キュート
あっさり潮を噴くひとみ。

「やっぱりヤリマンじゃないか!」
「違うよぉ」
彼女は泣きそうだった。
「安心しな、痛い思いはさせないからさ」
彼女は抵抗を弱めた。

俺は荒ぶるポールを剥き出し、ひとみのピットに向かわせる。
「いくぜぇ」
「やめてぇ」
その声は嫌がっていなかった。

(にゅる!)
木偶の坊 タイプG キュート
「うーっ!」

(やった! ひとみにピットインしたぜ!)
俺のポールでGスポを責めてやる。
(ズコンッ! ズコンッ! ズコンッ!)

「イっくぅううううううううう」
木偶の坊 タイプG キュート
「あうううう!」

トップスピードでイったひとみは腰をひくひくさせている。
(スイッチ入ったな)

ひとみを立たせ、立ちバックで突いた。

(バコンッ!)
木偶の坊 タイプG キュート
「あっひぃ~!」

(パンッ! パンッ! パンッ!)
「あっ! あっ! あっ!」

かわいいよがり声を上げるひとみ。
木偶の坊 タイプG キュート
「あっ! あうっ!」

腰をかかえての立ちバックでも、ひとみは簡単に絶頂した。
今度は彼女を壁に押し付けて対面立位で挿す。

(ずりゅりゅ!)
木偶の坊 タイプG キュート
「ああ~ん」

(ズプッ! ズプッ! ズプッ!)
「あん! あん! あん!」

ひとみはきれいだった
木偶の坊 タイプG キュート
「うふん・・・」

彼女の吐息が俺の顔にかかる。
その顔を歪ませたかった。
「もっとだ!」
(ズンッ!)
「あうっ!」

突くたびいい声を上げた。
「そろそろイきそうだぜ」
「嫌っ! 中出しはやめて!」
ひとみは俺を突っぱねた。

「あっ!」
木偶の坊 タイプG キュート
逃げるひとみだったが、よろけてうつ伏せに倒れる。

「何度もイかされて、腰抜けてんじゃんかよ」
俺はひとみに覆い被さり、そのまま寝バックで挿した。

(ぬぷぷ!)
木偶の坊 タイプG キュート
「いや~ん」

ひとみが脚を閉じたせいでピットが締まる。
(やべぇ、いい締め付け具合でイっちまいそうだ)

感じながらも抗うひとみ。
木偶の坊 タイプG キュート
「やめてぇ~!」

(こりゃたまらん! サイコーだ!)

「イくぞ! イくぞ! イくイく! イくうううう!」
「いやあああああああああああああ」

「イくっ!」
木偶の坊 タイプG キュート
「だめえええええええええええええ!」

(ずぴゅぴゅぴゅぴゅ!)
寝バックのひとみに中出しした。

彼女も遅れてアクメしたようだ。
うつ伏せのままびくんびくん痙攣している。

「何度もイって、楽しかっただろ」
木偶の坊 タイプG キュート
「中出しされて、楽しいわけないでしょ!」

俺はポールを仕舞い、部屋を出た。

「うわぁああああああああああああん」
2・3歩進んだところで彼女の泣き声は聞こえなくなる。
彼女のチームがチェッカーを受け、メインスタンドに割れんばかりの歓声が上がったからだ。

出演:ひとみ 作:あいあい 撮影:EOS KDX 18-200IS

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
犯された美脚レースクイーン 抵抗不能の枕営業地獄 早乙女美々
犯された美脚レースクイーン 抵抗不能の枕営業地獄 早乙女美々

ホーム

リレー小説「セーラー戦士」

有志によるお色気チェーンストーリー。

「セーラー戦士」

イントロダクション

現代日本のとある街。
敵は地元の不良グループ「ダークキング」
家出した地元の名士の娘を、探すために選ばれた数名の少女。
彼女たちはセーラー戦士を名乗り、 ダークキングたちと戦いながら、 お嬢様を探すのだった。

キャスト

マーキュリー(OWNER:あちょーさん) 
マーキュリー全身(C)あちょーさん
マーキュリーアップ(C)あちょーさん

ムーン(OWNER:あいあい)
ムーン全身(C)あいあい
ムーン アップ(C)あいあい

マーズ(OWNER:konさん)
マーズアップ(C)konさん
 
ジュピター(OWNER:バブさん) 
ヴィーナス(OWNER:募集中)←早い者勝ち

それでは、お楽しみに!

(妄想)セクシームーンひとみ(月・完結編)

妄想劇場027「セクシームーンひとみ(月・完結編)」G2引退作

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

まえふり
宇宙旅行が月と地球の行き来だけと言う時代。
俺は34歳のフリージャーナリスト。
準強姦の罪で刑務所に収監され出所したばかり。

彼女は月の謦備員「卯野原ひとみ」。
木偶の坊G2 Dollwig cute
俺が収監される原因であり、俺が狙う標的だ。

『セクシームーンひとみ(月・完結編)』

新宇宙船内
帰ってきた。
月
あいつのいる月だ。

時に西暦3003年。
月の刑務所にいる間に俺の船が老朽化で壊れ、ゴネて新造船を手に入れた。
物資が豊かな時代だから権利が尊重される。

俺はシンパを頼り、船をパワーアップさせた。
次にUN(国連)の上層部から、ソルジャースティックの技術を入手し、これを元にやつらの攻撃を無力化する装置を開発。
さらにスティックをはるかに凌ぐ強力な武器も誂えた。

俺の目標は境界警備員の卯野原ひとみただ一人!
(あいつが生きてたことに心から感謝するぜ)
2年前叶わなかった、あの女への挿入を果たしてやる!

船はクラビウスの侵入禁止エリアに入る。

綿密に練られた計画通り、やつがこの船に乗り込んできた。
木偶の坊G2 Dollwig cute
「侵入禁止エリアへの侵犯で逮捕します」

2年ぶりの彼女は相変わらずの美貌だった。
スティックのパワーを無力化し、ひとみをウェブワイヤーに固定する。

(ビィィン)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「うっ!」

ひとみが俺に気付く。
「あなた、2年前の!」
「よぉ、久しぶりだな。あの時の続きをしに来た」
「ふざけないで!」

「スティックはいただくぜ」
ムーンライトスティック
ひとみの手からスティックを奪い取った。

俺は船を全速力で月の警備圏から離脱させる。
改造してある俺の船に追いつける警備艇はない。

月の追っ手を撒いた俺は、サードルナと呼ばれる周回軌道上の隕石に隠れる。

これでもう俺の邪魔をするやつはいない。
木偶の坊G2 Dollwig cute
ひとみの顔をまじまじと見た。

「会いたかったぜ」
「なぜ私を」
「2年もぶちこまれたお礼と・・・」
「と?」
その先は口に出せなかった。

「まずは2年も牢屋にぶち込まれたお礼だ!」
腹パンをかます。

(ボグッ!)
木偶の坊G2
「うぐっ!」

「そして、これだ!」
(バリバリバリッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「きゃあああああああああああ」

スティックパワーを纏った者だけを動けなくする電撃だった。
木偶の坊G2 Dollwig cute
ウェブワイヤーをほどいてもひとみは動けなかった。

スティックの技術を流用して作った鞭「パワーラッシュ」でひとみを叩く。

「うおりゃ!」
(ビシッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「あーっ!」

バトルスーツの胸部が裂ける。
「おらおら! もっとだ!」

(ビシィーン!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「あぐっ!」

今度はスカートが大きく裂ける。
動けないながらも逃げるひとみ。
「逃げても無駄だ!」

(バシッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「ぐはっ!」

無力化されたバトルスーツはみるみる破れていく。
転げ回るひとみを叩き続けた。

(バシィーン! ビシィーン!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「あああああああああああ」

スーツはぼろぼろになり、ひとみも完全に抵抗できなくなっていた。

「さ、2年前の続きだ」
木偶の坊G2 Dollwig cute
ひとみに馬乗りで豊満な乳房を揉みしだく。

ひとみは顔を隠し、身体を強張らせていた。

一頻り揉んでからスカートを捲る。
木偶の坊G2 Dollwig cute
「ふふっ」

パンティのひもをほどきまんこを拝んだ。
木偶の坊G2
指を突っ込んで、荒々しくいじり湿らせる。

「ううう・・・」
「いくぜぇ~」
「やめろ・・・」
抗う手を掴み退け、息子をまんこに当てる。

(ずりゅっ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「ぐあああああああああっ!」

ついに2年越しの念願、ひとみ征服に成功した。

「おらっ! もっと叫べ!」
「くううう」

激しく揺さぶった。
(バコン! バコン!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「あぐっ! うぐっ!」

ひとみがうめく。
2年の監獄生活を取り戻すかのような勢いで突いた。
これでもかと突いたところで裏返し、バックで挿す。

(パスンッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「うあっ!」

「あっはっは! ザマねぇな」
「うううう」

ひとみを仰け反らせて突いた。
(バコンッ! バコンッ! バコンッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「くっ はっ うっ」

もう一度仰向けに寝かせる。
木偶の坊G2 Dollwig cute
「まだまだだ」

(ズプッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「あひっ!」

「そろそろイきそうだぜぇ」
「やめて・・・」

「イくっ! イくぞっ!」
(ズコンッ! ズコンッ! ズコンッ!)
木偶の坊G2 Dollwig cute
「はうっ うぐっ あうっ」

「イくぞおおおおおおおおおお」
「いやあああああああああああ」
木偶の坊G2 Dollwig cute
(ドピュピュピュピュピュッ!)

めちゃくちゃになったひとみの中にぶっ放した。
「ふぅ・・・」

顔を覗くとひとみは呆然としていた。
木偶の坊G2 Dollwig cute
「楽しかったぜ」

ひとみから離れて立ち上がる。
木偶の坊G2 Dollwig cute
「この無様な格好をずっと夢見てたぜ!」

俺はひとみをそのままハッチから宇宙へ放り出した。

「あばよ」
木偶の坊G2 Dollwig cute
「運がよければバトルスーツに守られて地球に降りられるだろう」

彼方へ消えていくひとみを見送った。
「ふははははは! あっはっはっはっは!」

出演:ひとみ 作:あいあい 撮影:EOS KDX 18-200IS

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
ムーンエンジェル KAORI
ムーンエンジェル KAORI

ホーム

ドールに合うホール探し1

前回のホール紹介で1位の「名器の品格」。
とてもいいホールですが弱点もあります。
高価な点に加えて、においがあるのと裂けやすいこと。

においは品質改良で気にならなくなったと言う情報があります。
それでもやはり裂けやすくて¥4,493-は考えてしまいますよね。
スペシャルな時だけと言う特別な存在になってしまいます。

そこで、もう少し安価で品格と同等、あるいはそれを超えるホールはないだろうかと探すことにした次第です。

ホールに求める評価ポイントは、
・価格
・重さとサイズ
・素材の質
・色
・挿入部造形
・締め付け具合
・ギミック(仕掛け)
・リアル感
・洗浄性
・耐久性
以上、10項目です。

経験上、1000円以下のホールは裂けやすく、使い捨ての感があるので除外。
女優名を冠した製品はコスパが悪いので、こちらも除外とさせていただきました。

今回仕入れたホールは4種。(いずれもAmazonさんで購入)

ホール(今回2000円前後で探しました)
ドールに合うホール
左から
ライド ふわちつイボリューション 1932円
ラブクラウド ふわトロめいき 1965円
トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 2184円
トイズハート 17evo Soft 2249円

なんだかちょうど紅白に分かれましたね。色合いも品格が一番ニュートラルでしょうか。

今回、ローションも合わせてテストしてみました。
ドールプレイに合うローション

ローション(今回500円前後で探しました)
左から
トイズハート モイスティプラス 200ml 529円
NPG 僕のおなほ専用ローション100ml 458円
アストログライド ローション30ml 548円
ペペ ペペローション 360ml 548円

では、まずローションから
ペペ ペペローション 360ml 548円
ペペ ローション
使い慣れた硬さ・感触で、やはりベストと言う感じですね。
糸引きもあり、乾くと潤滑しなくなりますが、とても自然な使用感です。
洗い流す時も、感覚通りの流れ落ち感です。
これをベースに比較したいと思います。

NPG 僕のおなほ専用ローション100ml 458円
僕のおなほ専用ローション
ペペと比べてやや硬いです。厚い膜が出来るので内壁を感じにくいですが、乾きにくいので補充の必要がありません。
洗い流す時はペペより早くて扱いやすいですね。
さすがホール専用のローションと言う感じです。

トイズハート モイスティプラス 200ml 529円
トイズハート モイスティプラス
今回用意した中で一番硬いです。さいわいノズルが細いので適量をホールに入れるのは容易でした。
海草系のぬるぬるに加えてオイルのねっとり感が加わって少量で長時間潤滑できます。
ただ、水洗いに時間がかかりました。
海草系のぬるぬるがいつまでも取れずに、それが取れたあとも油の皮膜が残る感じです。
肌が弱い人や、肌が乾燥しやすい人向けですね。

アストログライド ローション30ml 548円
アストログライド ローション30ml
これはかなり特殊な部類に入るローションです。
なんと言っても緩い。水に近いサラサラ感なので、貫通系のホールではすぐに通過してしまいます。
皮膜は薄く、内壁を楽しむには持って来いですが、海草系のぬるぬるではなく、ジェル系のねっとり感がいつまでも続く感じです。
少量で乾かないと言う点では便利ですが、海草系に慣れた人には違和感があるかも。
特筆すべきは水落ち。あっと言う間に流れます。賢者タイムの時短を望む人にオススメ。

それぞれ特徴があって、向き不向きありますね。
糸引きは今回のローションすべてにありました。糸引かないローションありませんかね?
結果的には、どのローションも方向性が違うので、好みで選べばいいと思うのですが、やはりニュートラルなペペが一番使いやすいと感じました。

さて、ここからホールです。
装着例の画像は、すべて「木偶の坊Sexdoll タイプG2」に装着したものです。

ライド ふわちつイボリューション 1932円
ライド ふわちつイボリューション
ライド ふわちつイボリューション
420gの大ボリュームで四角いため、ホルダーは不要でドールに収まります。
においはほとんど気になりません。素材は品格に近い発泡素材で、今まで使ったホールで一番軟らかかったのですが、発泡素材の中に硬めのつぶを入れてある独特の感触です。
色は白すぎてドールとは合いませんね。
強度保持のためか、挿入部の造形も大作りなので、挿入した見た目がリアルではなく残念です。
「イボリューション」の名の通り、かなり凝ったギミック(仕掛け)を施してありますが、ドールに装着して使用すると、軟らかい素材と肉厚なボリュームがわざわいして逃げてしまうため、ほとんどギミックを感じません。
逆に言うと、ゆるくてまったり系のホールでリアルな感触とも言えます。
ドールに装着するより、手で握って使う前提のホールだと感じました。

ラブクラウド ふわトロめいき 1965円
ラブクラウド ふわトロめいき
ラブクラウド ふわトロめいき
ペットボトルホルダーはカ○ピスウォーター
ラブクラウド ふわトロめいき
380gで細長い形状。これも品格と同じくらいの軟らかさです。
細いのでホルダーで保持してあげた方がドールに装着しやすいです。
においはけっこう強烈です。最初に中性洗剤で洗うといいです。
独特な挿入部の形状ですが、軟らかい素材での強度を確保したのもだと思います。
挿してる時はけっこうリアルな見た目です。
ふわちつと比べるとギミックを強く感じます。
ゆる系のナチュラルでありつつ、さまざまな仕掛けでほどよい刺激。
めいきの名を冠するだけあって、品格に並ぶフィーリングのホールですが、細長くて洗浄性はイマイチなのと、耐久性もあまり高くなさそうです。

トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 2184円
トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 
トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 
フタも入れると全長25cmと言う大型。
シェルが21cmですが、奥側は直径6cmしかないので木偶の坊ドールにはぎりぎりぴったり収まります。
シェルは3mm厚のガチガチのプラスチックで押してもまったく変形しません。
中のホールは品格より張りのある素材ですが、作りが華奢なのでふにゃふにゃです。
においは品格とよく似ています。挿入部の造形は割りとリアル。
内壁はこれと言ったギミックもない単純なひだひだ構造ですが、挿入した感覚はリアル女性です。
品格やきつ系の刺激に慣れていると物足りないかも知れませんが、リアルを味わいたいのであればこれが1番かも知れません。
ホールは貫通式。シェルの奥側がネジ蓋になっていて、密閉バキュームと通風ナチュラルを調整できますが、密閉でもかなりエアは入ります。
逆に緩めておくとドール内部を汚してしまうので、ドールでは密閉で使う前提ですね。
洗浄はホールがふにゃふにゃで洗いづらく、シェルも洗浄しにくい形状です。
賢者タイムが長くなってもOKな人でないと厳しい。

トイズハート 17evo Soft 2249円
トイズハート 17evo Soft
トイズハート 17evo Soft
ペットボトルホルダーは南ア○プスの天然水スパークリング
トイズハート 17evo Soft
330gで17.5cm。ドールに装着するには少し小さいのでホルダーがほしいですね。
舐めても安全な素材で日本製。今回のホールで唯一の二層構造。
内部がねっとり系で、外側がふわもち系の発泡素材。
挿入部は球状になっていて奥まで楽しめます。
色がピンクすぎるのと、リアルな造形でない点は減点かな?
挿入した感触は、いい感じにリアルでありながらギミックの主張も感じます。
二層構造は成功していて、挿入での肉の逃げとギミックがちょうどいいバランスです。
実際の女性ではありえない「コリコリ感」がクセになりそうな気持ちよさでした。
リアルな感触を求める人より、刺激優先と言う方に合いそうな感じですね。
素材の耐久性も高そうだし、シンプルな形状なので洗浄も容易でした。

以上の4つを年末年始にかけて楽しみましたが、それぞれ評判がいいだけあって楽しいホールです。
ただ、それぞれ欠点もありますので、優劣は付けがたく、現状、1位は品格とさせていただきます。

いかがでしたでしょうか。
今後引き続いて、ドールに合うホールを色々探していきたいと思いますので、新着情報や、試してほしいホールなどありましたらぜひお知らせくださいねーノシ

ホーム

(妄想)セクシームーンあさみ(夢・完結編)

妄想劇場026「セクシームーンあさみ(夢・完結編)」

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

まえふり
俺は23歳の新人サラリーマン。

「彼女」は「セクシームーンあさみ」。
木偶の坊G2 夏音
謎の敵「パラノイド」を駆逐する力を持っているのだが…。

『セクシームーンあさみ(夢・完結編)』

「パラノイド」は人の夢に寄生しては願望を具現化し、社会を混乱に陥れる未知なる敵だった。
パラノイド
ついにパラノイドは1個体になり、俺の夢が決戦の場となった。

あさみは「俺の夢」が襲われるたびに駆けつけてくれた。
木偶の坊G2 夏音
「夢を守る愛の戦士! セクシームーン参上!」
セーラームーンスティック
「覚悟しなさい! パラノイド!」
木偶の坊G2 夏音
「ブレイク・エスカレーション!」
木偶の坊G2 夏音
(ドガーン!)

「やった!」
すべてのパラノイドが駆逐された瞬間だった。

「これで、ソルジャーの役目は終わりよ」
木偶の坊G2 夏音
(もう会えなくなるのか)

胸がチクリと痛んだ。
その時だった!

「ハイスピードフォーム! メイクアーップ!」
木偶の坊G2 夏音
あさみが変身した。
俺の好きなハイスピードフォームだ。

(あ! そうか)
この夢の中では俺の意思があさみに筒抜けだった。

(処女を失ったらソルジャーでなくなるって・・・)
木偶の坊G2 夏音
(もうパラノイドは、いないから・・・)

あさみの意思が伝わってくる。
俺に好意を持ってくれていることが嬉しかった。

そっとあさみのセーラーをたくしあげる。
木偶の坊G2 夏音
俺はあさみの乳を揉んだ。

(処女を失ったら人の夢に入れないってことは、挿入したら終わりなんだろうか)
(大丈夫、帰るのは私の意志次第)
(帰ったらもう会えないってこと?)
(私はあさみ。あなたの近くにいるわ)

それを聞いた俺は、場所を秘部に移す。
木偶の坊G2
あさみの秘部を舌で愛撫した。

「あふ~ん」
処女なのに俺の理想通りに乱れるあさみ。
心が通じ合う喜びを感じた。

「俺」を「あさみ」にあてがう。
木偶の坊G2 夏音
ずっと憧れていたあさみに、ついに入った。

心と身体がひとつになったと感じる。
木偶の坊 夏音
「ああ~ん」

やさしく揺さぶると、あさみも応えるように腰をくねらせた。

そのままあさみを抱き上げ対面座位にする。
木偶の坊G2 夏音
「俺」が奥まで挿さっていくを感じた。

(私たち、一緒だね)
木偶の坊 夏音
あさみの気持ちに、例えようもない幸せを噛み締める。

もう一度、そっとあさみを寝かせた。
木偶の坊G2 夏音
ふたたびあさみの中に入る。

「気持ちいい~」
木偶の坊G2 夏音
激しくピストンした。

「イく、イくぅ~!」
木偶の坊G2 夏音
(ドクッ! ドクッ! ドクッ!)

「俺」があさみの中に注がれた。
するとあさみの身体が光り始める。

「ああ~!」
木偶の坊G2 夏音
まばゆい光に包まれ、あさみは消えた。

朝、目を覚ます。
朝の窓辺
そして俺は、あさみ探しを始めるのだった。

出演:あさみ 作:あいあい 撮影:EOS KDX 18-200IS

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
太陽の美少女戦士 セーラースフェール 上原亜衣
太陽の美少女戦士 セーラースフェール 上原亜衣

ホーム
view
  • 累計:

ブログ内検索
Authorに連絡