Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ Author:あいあい

2016年08月

(原版)二学期

表示画像をそのまま保存すると1200*1800pixel 200KB弱。
リンク先画像は、2592*3888pixel 4MB弱の元画像です。

TPEドール OR156B Ketty

リボンJK制服
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

制服ブラ
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

週の真ん中水曜日!
8月も終わりの31日いそいそと帰って制服撮りました。

触れば触るだけ傷むし、破損のリスクも高くなるのはわかっていても、恋焦がれてお迎えし、予想以上のいい子が来てくれた喜びでついつい触りたいディレンマ。

ま、月の境目と言うことでね^^
(ここから下の画像は600*900でリンク先1288*1936のウェブサイズです)

この華奢な肩がついつい愛しい。
TPEドール OR156B Ketty

以前記事にもしました美しいラインを描くヒップちゃんです。
TPEドール OR156B Ketty

今回、初の柄物なので、絶対色移りを起こさせないぞと言う意気込みで、タルクを入念に塗り、スリップを穿かせ、さらにスカートを穿かせる時は丸めてピンチで挟むと言う念の入りよう。
TPEドール OR156B Ketty
色移りは、ブリードが衣類に付着してしまったら、ほぼ避けられないとのこと。
繊維に付着したブリードは、乾くことなく染料を溶かし出し、その染料に染まったブリードが、ボディに触れることで、容易くスキンに色素を染み込ませてしまうそうです。
予防する第一歩として、衣類にブリードが付着するのを防ぐ必要があるわけですね。
安全策があるのなら、必ず安全策を選びたいものです。

そんなわけで、今回もトラブルなく撮影を終えたのでした~。

ホーム

あいあいのドール購入元

他のドールオーナーさんがどこからドールをお迎えしてるのか、気になる人は気になりますよね。
自分の場合、ここから購入しましたと言う情報発信をしておきたいと思います。

○木偶の坊 Sexdoll 立ちタイプG 夏音
○木偶の坊 Sexdoll 座りタイプG 優花(発注済)
木偶の坊 セックスドール 夏音 優花
現在立ちタイプGの手は新型に改良されています。
購入元:木偶の坊公式サイト
http://www.dekunoboo.com/top.php
定期的に(ほぼ月一で)行われるセールを待って購入するのがお得です。

○ポウラベア カットウィッグ Dollwig cute
ポウラベア Dollwig cute
購入元:アマゾン マーケットプレイス ポウラベア
https://www.amazon.co.jp/ (Dollwig で検索)
定期的に10体くらいずつ入荷しているようですが、順調に売れているようで、すぐ売り切れます。
ポウラベアさんの入荷を待つのがお得です。

○等身大リアルエアドール 小沢桜子(DS8096)
インフレータブルドール 小沢桜子 小沢晴子
購入元:アマゾン マーケットプレイス Vastsky
https://www.amazon.co.jp/ (リアルエアドール で検索)
写真は座位型ですが、扱っているのは直立型だけです。
サイズ:165cmとなっていますが実効身長は152cmです。

座位型をお望みの場合はアリエクスプレス
https://ja.aliexpress.com/ (インフレータブルセックス人形 で検索)
こちらで探すと、座位型の桜子も見つけることができます。

○タカラトミー リカちゃん人形(LD-10かわいいリカちゃん)
リカちゃん人形 LD-10 かわいいリカちゃん
購入元:アマゾン公式
https://www.amazon.co.jp/ (かわいいリカちゃん で検索)
通販では最も安価な販売サイトです。(記事掲載現在)
現在は2000円以上でないと送料350円が別途かかってしまうので、必要な物と併せ買いがお勧めです。

○TPEドール Oriental Rose Doll OR156B Ketty
TPEドール OR156B Ketty
購入元:Oriental Rose Doll公式
http://www.ordoll.com/
英語または中国語での遣り取りが必要です。
上手くコミュニケートできれば値引きにも応じてくれますし、細かいオプションにも対応してくれます。
支払いは米ドルになりますので、ペイパルで事前に本人確認しておくとお得です。
(本人確認にはおよそ2週間かかります)

あと、FedEX配送は納品完了後一週間程度で個人輸入に掛かる諸税・手数料の請求がきます。
(郵便・DHL・UPS・国際宅急便(ヤマト運輸)は商品配達時にその場で現金払い)

ORさんは日本への荷送りに手馴れていて、「私の場合」1200円で済みました。
ネットで見ると、まったく関税がかからない(請求が来ない)場合があったり、1万以上の高額請求があったりと、その時々で大きく変わるようです。(ある意味バクチです^^;)
念のため、配達時や後日請求に備えておきましょう。

アリエクにORドールを比較的安価でオーダーできるストアもあります。
rose toydoll
https://ja.aliexpress.com/store/2208115
ウチの子と同じモデルはこちら。
https://ja.aliexpress.com/store/product/Silicone-Sex-Doll-156cm-Vagina-Anal-Oral-Male-Sex-Doll-Metal-Skeleton-Realistic-Lifelike-Sexy-Doll/2208115_32706017629.html
ネット情報では信用して大丈夫なストアとのこと。

こちらは日本円でカード払い可。
ポチって備考欄にオプションを記入するだけ。
交渉の煩わしさはありませんが、やはり個人輸入なので、万が一の不良品・配送事故などの処理は、自分で行う必要があります。

日本語での遣り取りと国内サービスを望まれる方は、ドールメイト。
http://www.lovedoll.jp/
やや割高になりますが、事務所チェックが入るので、不良品を目にするリスクが回避でき、国内修理にも対応してくれます。
また、カタログにはありませんが、Bカップや肌の色などのオーダーも受け付けてくれます。

以上、あいあいがお迎えしたドールの購入元を紹介させていただきましたが、この情報は取引を保証するものではありません。
閲覧・取引は自己責任において行ってくださいますようお願い申し上げます。

ホーム

(原版)サマーナイトタウン

表示画像をそのまま保存すると1200*1800pixel 200KB弱。
リンク先画像は、2592*3888pixel 4MB弱の元画像です。

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

チューブトップ+マイクロミニ+ニーハイブーツ
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

白のベビードール
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

ヌードに挑戦
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

次回はJKリボン制服予定です。

ホーム

TPEドール 目の調整

TPEドール OR156B Ketty
OR156B Ketty 調整後の目

TPEドールをお迎えしたのはいいけれど、目が左右均等じゃなくてイマイチな印象なんてことありますよね?
うちの子もお迎え当初こんな目でした。
TPEドール OR156B Ketty
左目が閉じ気味で、不均等です。

少しずつくせをつけるように、数日かけて左目の開き具合を大きくしました。
TPEドール OR156B Ketty
左右の開き具合はほぼ均等になりましたが、ハイライトの位置が右目が下気味、左目が上気味と、ガチャ目になっています。

これは治せないのかなと思いつつ撮影した画像。
TPEドール OR156B Ketty
ハイライトのガチャ具合も気になりますが、左目の目じりが充血してるように見えると指摘が!

自分では気付かなかった(こう言うものだと思ってた)のですが、左目をあっかんべさせてみたら、なんと、下まぶたの裏側にアイシャドーメイクのブラウンと思われる茶色いぼた付きが!
「これかっ!」と思いましたね。
スキンは透けているので、この茶色が眼球の白目に映って充血してるように見せていたわけです。

対策として、綿棒をくるくる回すようにして、まぶたの裏側をこすったら、無事茶色いぼた付きは落ちました。
最後にタルクでケアして充血の修正完了。

さらに、ハイライトのガチャ目を修正するのに、試しに眼球を回転させてみることに!
TPEドール OR156B Ketty
上手くいきました。

指サックを使うと簡単に回転させられます。
左右が均等なハイライト位置になるように合わせました。

これでハイライト位置の修正も成功です。
TPEドール OR156B Ketty
完璧とまではいきませんが、ほぼほぼ満足な状態まで追い込めたと思います。

TPEドールの目の不均等を感じている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

ホーム

(原版)夏のオフィス

表示画像をそのまま保存すると1200*1800pixel 200KB弱。
リンク先画像は、2592*3888pixel 4MB弱の元画像です。

TPEドール OR156B Ketty

ノースリーブブラウスにミモレ丈スカート
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

新しい下着買いました。
TPEドール OR156B Ketty

ぴったりブラサイズ。
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

次回予告
TPEドール OR156B Ketty
最近話題のASG(アッシュシルバーグレー)のウィッグ。
次回はヌード作品にも挑戦してみます。

※予告は告知なく変更になる場合があります。予めご了承ください^^;

ホーム

(原版)パーティードレス

表示画像をそのまま保存すると1200*1800pixel 200KBほど。
リンク先画像は、2592*3888pixel 2~3MBの元画像です。

TPEドール OR156B Ketty


TPEドール OR156B Ketty


ホーム

視点移動と保管

毎日少しずつ目の左右の差をなくすため矯正してきました。
TPEドール OR156B Ketty
だいぶ左右のバランス整ったと思います。
目の中のハイライトの位置が違うのは、ドールアイの盛り上がりの差のようで、補正できなさそうです。

眼球を動かすのはこれ。
ゴム付補助軸
100均で売っていたゴム付補助軸。

では、視点を移動してみます。
三脚固定で撮影しているので、保存してスライドショーで見ると移動量がわかりやすいと思います。

まず撮影者から見て右上。
TPEドール OR156B Ketty

右下
TPEドール OR156B Ketty
下方向にはあまり動きませんね。

左下
TPEドール OR156B Ketty

左上
TPEドール OR156B Ketty

ちょっと遊んでロンパリ。
TPEドール OR156B Ketty

逆に寄り目。
TPEドール OR156B Ketty
こうやって極端に動かすと移動量がわかりやすいですね。

正常位置に戻します。
TPEドール OR156B Ketty

流し目なんかも出来ちゃいます。
TPEドール OR156B Ketty
自然な感じですね。

視点移動はかなり動かせることがわかりました。

次は日頃の保管について。

ボディはスキンに強い圧力がかからないように、吊り下げ保管がいいようです。
これはM16ネジを使用したドール向けの保管方法なので、それ以外のドールの場合は、骨格にあった方法、あるいは、メーカー推奨の保管方法にて管理するようにしてください。
保管ラック
ぶら下がり健康器の背当て布だけ外したものです。

吊り下げフック。
吊り下げフック
何十万円のボディを吊るすので、十分な耐荷重のパーツを使います。

吊り下げた状態。
TPEドール OR156B Ketty
元々包んであった透明の袋で包み、さらに防塵・遮光・密閉のために黒ビニールで包みます。

ヘッドスタンド。
M16ボルトを使ったTPEドール用ヘッドスタンド
吊り下げ用のアイボルトに付属していたM16ナットを活かし、100mm全ネジのボルトを150mm径の板に通して固定しています。

裏面はこんな感じ。
M16ボルトを使ったTPEドール用ヘッドスタンド
ボルトのヘッド厚以上の厚さを持ったゴム脚を貼り付けています。

ヘッドをドン突きまで入れた状態。
TPEドール OR156B Ketty
十分なクリアランスでスキンがどこにも触れることなく保管できます。
150mm径で十分安定していますが、175~200mmの方が安全かも知れません。

この画像は目の開き具合矯正前なので、左目が伏し目気味になっています。
矯正することで、この記事の最初の画像のように、左右均等な開き加減に合わせられると言うこともわかりました。

密閉して保管。
TPEドール ヘッド保管場所
ヘッドの方も、元々入れてあった不織布の袋にスタンドごと入れて、さらに黒ビニールで密閉して、万が一転倒してもいいように、保管ラック脇の床に置きます。

お迎えして一週間ですが、特にブリードは感じません。
今後ブリードを感じた時のために、パウダーを用意してあります。
タルク
余計なものを含まない純タルク系パウダー。

パウダー塗布用のパフケース。
パウダーパフケース
上のタルクを小出しにして、パフで塗布します。
汚れを水洗いしたあとなども、ベタ付きを抑えるために塗布した方がいいようです。

TPEドールは予備知識と慣れが必要だと言われます。
お迎え直後にスキンを裂いてしまった、骨格を曲げてしまったなど、悲しいレポがネットに散見されます。
今後お迎えされる方は、周到な事前準備と、慣れるまでの慎重な扱いを心掛けてくださいね。

ホーム

身体測定

今日はOR156B Kettyちゃんの細部のサイズを測ります。
横画像は縮小されていますが900*600サイズで掲載しています。

TPEドール OR156B Ketty
目の開き具合を矯正中。
右目を閉じ気味に、左目を開き気味にして左右のバランスを合わせます。
少し揃ってきましたので、引き続き矯正を続けます。

では身体測定。
まずは身長から。

身長は仰向けの状態で計測。
TPEドール OR156B Ketty
姿勢を補正して後ろに反っているので、その分身長が低くなっていると思います。
TPEドール OR156B Ketty
足の裏を直角にしたかかとから測定して、身長155.0cmでした。
よく中国製ドールでありがちな、つま先から測定と言うわけではないことがわかりました。
ニュートラルな姿勢で測れば156cmと見ていいでしょう。
(なぜニュートラルで測らないかと言えば、腰を曲げるのにすごい力が必要なため、戻したくなかったと言うのが実情です^^;)

頭周り
TPEドール OR156B Ketty
頭の鉢は49.0cmでした。

首周り
TPEドール OR156B Ketty
首周りは28.5cmですね。

二の腕
TPEドール OR156B Ketty
二の腕周りは21.0cm。

手首
TPEドール OR156B Ketty
手首の太さは14.0cm。

さ、いよいよ3サイズです。

縦吊り状態での計測です。
TPEドール OR156B Ketty
トップバスト71.6cmでほぼ72cmですね。

TPEドール OR156B Ketty
アンダーバスト57.0cm。

72-57でトップ・アンダー差15cmのCカップだとわかりました。
理想的なブラはC60となりますが、現実問題、市販のブラは65からで、ドール補正(ベルトの張り緩和分)も考慮すると、ぴったり目ならA65、少し余裕を持たせるとB65が適正ブラとなりますね。
B65なら量販の安価なブラが選べるので色やデザインに不自由しませんし、お財布にも優しいです。
自分は色移りが怖いので、下着は白のみで行こうと思います。

ウエスト
TPEドール OR156B Ketty
ウエストは55.6cmでほぼ56cmです。

ヒップ
TPEドール OR156B Ketty
ヒップは82.4cmで82cmとしましょう。

渡辺麻友さんのサイズがT156 B71 W55 H82cm
我が家のこの子の場合はT156 B72 W56 H82cm
やはり酷似した体型と言えますね。^^
カタログスペックはT156 B71.5 W54.5 H80.0ですから、ややふくよかな個体と言えるでしょうか。
ま、計測の誤差かも知れませんが。^^;

ふともも
TPEドール OR156B Ketty
ふとももの一番太いところで50.0cm。

足首
TPEドール OR156B Ketty
足首の一番細いところは20.0cmでした。
強度保持のために太めにしてあるようです。

ここでちょっと脱線。

これがスタンドアップフィートだっ!(リンクは1200*1800)
OR Doll(WM Doll系)Stand up feet(スタンドアップフィート)
WM Doll系(Jinsan工場系)のドールにオプション設定されているStand up feet(Standing foot)。

このオプションについて説明します。
スタンドアップフィートはその名の通り、立たせるための足です。
スタンダードフィート(Standard feet)では長時間立たせたり、足の裏に強い衝撃を加えるとスキンが裂けて骨格が露出してしまいます。
スタンダードフィートの美しさは犠牲になってしまいますが、足の裏に骨格直結のピンを出すことで、ドールを立たせた時のスキンへのダメージを回避しています。
片足3本合計6本のピンに、ドールの体重を均等に分散させ、二脚自立を可能にしようと言うものですね。

では、このスタンドアップフィート。実際どこまでできるのか?

「立ちます」

スタンドアップ例
骨格も強化(調整?)されていて、体重に負けないものになっています。

足の裏を接地面と平行にして、両脚を均等に肩幅まで開くと、体重が均等に分散されるよう、ピンの角度や長さが調整され、ドールが立つようになっています。
ひざは必ず完全に伸ばした状態にし、足首の角度で前後のバランスを取れば、支えなしの2脚自立が可能なのです。
(ただし非常に不安定で、バランスを崩すと、事故前に支えたとしても、前倒れなら足首の骨格、後ろ倒れならかかとのスキンにダメージが及びます。)
2脚自立の場合、すぐに誰かが支えられる環境が望まれますね。

まあ、立たせようと思えば立つと言ったスタンスで、ディスプレイで放置できるような強さではありません。
通常は、強い壁に寄り掛からせたり、しっかりしたスタンドなどでの固定を推奨。

立たせる条件は、
1、股関節を均等に開き、肩幅まで脚を広げること。
2、ひざを完全に伸ばし、脚骨格を一本棒の状態にすること。
です。

スタンドアップフィートのデメリット。
30kg前後の重量を細いピンで支えるため、軟らかい床だとダメージが出ます。
また、靴を履かせた場合、一撃でインソールがグッズグズに破壊されます。^^;
Stand up feetの弊害
前回撮影で使ったサンダル。
Stand up feetの弊害
金属プレートなどで保護すると、ピンが滑って足の指などにダメージが及びます。
見えるものでもないので、インソールは破れるものと思って履かせるしかありません。
高い靴は履かせられませんね。^^;

今後WM系ドールをお迎え予定の方は参考にしてください。

閑話休題。
測定に戻りましょう。

足のサイズ。
TPEドール OR156B Ketty
かかとの出っ張りから親指の先端までで22.0cm
足の平で見ると21.0cmです。
TPEドール OR156B Ketty
足の指は、親指だけアルミワイヤーの骨格入り。
残りの指に骨格はなく、それぞれが独立して成型されています。
非常に弱いので、細心の注意と事前の保護対策が求められます。

靴のサイズ。

前回撮影で使ったサンダルは22.0cm
TPEドール OR156B Kettyの靴
サンダルは抜けがあるので小さめが推奨です。

サンダルサイズ表
メーカーのサイズ表です。

パンプスはS(22.5cm相当)
TPEドール OR156B Kettyの靴
22.5cmがぴったりですね。

パンプスサイズ表

サンダルもパンプスもチャンキー(ごつい)ヒールを用意したのは、立たせた時の安定のためです。
ヒールはサンダルが7cm、パンプスは6cm-ストーム1cmで5cm相当。
これ以上高いヒールで立たせるのはスタンドアップピンにもスキンにも負担になるので、7cmが限界かと思われます。
もちろん、立たせない前提であれば、針みたいなピンヒールでも大丈夫ですけどね。^^

靴はぴったりサイズを用意してあげましょう。

と言うわけで、OR156B Kettyの身体測定は以上とさせていただきます。
次回は視点移動についてチェックする予定です。

ホーム

(原版)立ち姿

テスト的に立たせてみました。
背景にホリゾントを使って、三脚ミラーアップ撮影しています。

サムネイル(表示画像)は1200*1800ピクセル200KBくらい。
リンク先は(元画像)は2592*3888ピクセル4MBくらいです。
重たいのでクリックにご注意ください。
(今後の高画質画像提供用のテストです)

まずはお顔のアップ
TPEドール OR156B Ketty
好みが分かれるかも知れませんが、自分はとてもリアルでかわいいヘッドだと思っています。
左目がやや伏目気味なので、矯正してより丹精なお顔にしてあげようと思います。

初の立ち姿
TPEドール OR156B Ketty
最初は本当に神経をすり減らしました。
足を閉じてしまうとほぼ倒れます。
脚を肩幅で開き、壁に適度な荷重がかかるようにして、ようやく立たせることに成功。
ひざが真っ直ぐになっている時だけ自重に耐えるようで、少しでもひざが曲がるともう体重を支えることができません。
非常に不安定ですが、脚だけしっかり決めれば立ち姿勢での写真を撮ることができます。
このままだと腰が引けてるように見えてしまうので、ふとももの付け根をもっと後ろに反らし、腰も仰け反らすように矯正しようと思います。

スカートを脱いで
TPEドール OR156B Ketty
立たせたままスカートを脱がせるのは至難の業です。
一時的にでも、片足に全体重がかかりますし、上げすぎれば反対側に倒れます。
気分はテーブルクロス引きみたいな感じでしたよ。

TPEドール OR156B Ketty
まゆゆ(渡辺麻友さん)とほぼ同じスリーサイズのBカップボディは、リアルなだけでなく、脚がすらっと長くなっている、とても美しいプロポーションのモデルです。
立ち姿ではあまりポーズをつけられませんが、寝姿などでその魅力を披露したいと思います。

下着姿
TPEドール OR156B Ketty
下着をつけると余計にリアル感が増します。
カタログスペックで用意した下着なのですが、実際にはBカップ以上ありそうです。
近々に身体測定をして適切な下着を用意したいと思います。

下着全身
TPEドール OR156B Ketty
カタログスペックや画像ではスリムに見えると思いますが、実物を間近で見ると、しっかりボリュームがあります。
今回は撮っていませんが、近日おしりの画像もお見せしたいと思います。
とても美しく滑らかな曲線です。

ナイティです
TPEドール OR156B Ketty
TPEドールの魅力はお顔が一番ですが、首筋から鎖骨、胸元のリアルさも大きな魅力です。
心配していたヘッドとボディの色差も、まったく感じない一体感です。
TPEドールの中でも「当たり」を引いたのは間違いないと思います。

ナイティ全身
TPEドール OR156B Ketty
この衣装はメーカーのORさんが同梱してくれたもの。
伸びる素材なので難なく着せられますし、ボディサイズもあまり問いませんね。
色移りしなさそうな、淡いピンクなのもよく考えられています。

ライトブラウンヘア
TPEドール OR156B Ketty
ウィッグは自分でカットするつもりでストレートロングを頼んだのですが、顔立ちに合っているように思うのでしばらくカットしないでおこうと思います。
ウィッグは決して高品位なものとは言い難いですが、同梱されてきた2つのウィッグはどちらもネットが色移りしなさそうな、ライトベージュでした。
メーカーがドール用にオーダーしている専用品なのですね。

はい! オッケー!
TPEドール OR156B Ketty
木偶の坊さんのドールでさえ、1年でダメにしてしまうあいあいですから、ブログに「やっちまった」の文字が躍るのも時間の問題だと思います。^^;
とりあえず、ここまではノートラブルで乗り越えました。
今後、色々なファッションを楽しめるよう、大切にしようと思っています。

と言うわけで、初の立ち姿撮影でした。
実は半袖ブラウスを着せるのに30分かかったんですよ。
ぬいの感覚で着せようと思ったらとんでもなく難しいです。
すぐに動いてしまう華奢な手の指、ぜんぜん逃げないガチガチの骨格。
逆にぬいで慣らしてなかったら、そりゃ壊すわって思いました。

画像のサイズなども含めて、ご意見・ご質問などありましたらお気軽にコメントやメッセージお寄せください。

ホーム

OR Doll OR156B Ketty お迎え

TPEドール OR156B Ketty
2016年8月4日15:10
Oriental Rose Doll OR156B Ketty 到着。

TPEドール OR156B Ketty
梱包サイズ 150cm(縦) x 43cm(横) x 29cm(高)

半端なく重いバカでかい箱を運んできてくれたお兄さんにマジ感謝。
搬送事故もなく、ヘッド・ボディ共、破損・変形・汚れのない良品でした。

まずはヘッド。
TPEドール OR156B Ketty
素直な第一印象「きれい!」

色の指定をホワイトにして大正解!
ちょうど新品の木偶の坊さんのドールと同じくらいの白さで、すごくきれいな印象です。

触ってみると軟らかい。
そして重い。
3kgくらいありますね。
この重さで簡単に壊れちゃう軟らかさときたら、本当に取り扱い注意です。

においと軟らかさが「名器の品格」にそっくり。
オナホに慣れてる人なら「あーね」って感じですが、慣れてない人はちょっとクサイと感じるかも知れません。

不慣れな方は、においを強く吸い込まないことをお勧めします。
においはしばらくすれば落ち着きますが、においに嫌悪感をいだいてしまうと、少しでもそのにおいがしただけで気分が悪くなったりします。
あまり好きなにおいではないと感じた方は、始めの内だけ距離を置きましょう。

それにしてもこの軟らかさ、近々にヘッドスタンドを作らないと、変形させてしまいそうです。

ボディチェック。
TPEドール OR156B Ketty
一目瞭然! 素晴らしいプロポーションです。

指先・つま先は厳重に保護されています。
時間をかけてゆっくり保護材を取り除き、関節の可動と細部の不具合をチェック。
二の腕の裏に薄い赤の色付きがありましたが、ステインリムーバーで落とせました。

全体を見た感想として、難の付け所のないAランク品。
不安だったし、期待しすぎるのもアレだと思っていたのですが、予想をはるかに上回る素晴らしいボディに思わずガッツポーズ。「うっしゃー!」
個人的評価:100点!

後日写真を撮りますが、スタンドアップフィートも裂けや不具合のないきれいな足の裏です。

関節は自然な可動感でした。
股間だけ硬くて動かすたびに「キッキッ」と音が出ましたが、これだけ硬ければ立たせても大丈夫そうです。

実際立たせてみると、スタンドアップフィートの恩恵を感じます。
それと同時に立たせることの危険性も実感しました。
これが倒れたら、自身が破損するだけでなく、周りの被害も相当なものです。
「26.0kg」舐めてました。
すごい重いっす。

付属品
TPEドール OR156B Ketty 付属品
上段左がオーダーしたライトブラウンストレートのウィッグ。
上段右はおまけ? で付けてくれたのでしょうか、ダークブラウンショートのウィッグ。
中段左は、ウィッグコームと手袋。
中段右が衣装で、ホルターネックのキャミワンピとベルト付きガウンのセット。
ボリュームもあるし、悪い品でもないのでちょっとうれしくなりました。
下段左から、洗浄器、ステインリムーバー(シミ取り)、ボディ補修用グルー(糊)、ネイルグルー。
こちらもあるとうれしいケア用品ですね。

ボディの上体を起こし、ヘッドと結合。
TPEドール OR156B Ketty
オーダーしたライトブラウンストレートのウィッグ。
ミディアムにカットするつもりで頼んだのですが、思ったほど長くないし、いい感じなので、しばらくこのまま使おうと思います。

付録でつけてくれた? ダークブラウンのショート。
TPEドール OR156B Ketty
メーカーおすすめって感じでしょうか。
とても似合っていて、これもかわいいと思いました。
髪と目の色は揃っている方が自然だと気付かされます。

髪型のバリエーションを始めから比べられるのはいいですね。
ウィッグって買ってみないとわからないから、こうやって合わせられるのはうれしいです。

ひとしきりチェックも終わったので保存ラックに掛けます。
TPEドール OR156B 吊り下げ保管
吊り下げようとして困りました。
立たせるのは難なく立つのですが、立った状態で持ち上げることができない。
無理に持ち上げればスキンをヤってしまいそうです。
ふともも辺りに毛布を巻いて、どうにか無事吊り下げることに成功しました。

最後に、元々ボディを包んでいた透明の袋を被せて、さらに防塵・遮光・密閉用の黒ビニールでカバーしたら保管完了。

今日はこれまで。

以上、お迎えの様子でしたー。

ホーム
view
  • 累計:

ブログ内検索
Authorに連絡