Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ Author:あいあい

2016年12月

経験値を上げよう6

写真のクオリティを上げるためのレッスン6

片足ポーズ

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

さてね。
片足立ちに成功したことでバリエーションが広がりました。
立ち姿勢もよりリアルになったと思います。

ネットの画像できれいな立ち姿勢と、エロポーズをトレース。
今回はオリジナルに寄っていないので、参考画像はお見せできません。^^;

あと、エロポーズは両足を曲げようと思ったのですが、やはり片足は真っ直ぐでないと立たないとわかりました。

エロポーズは何度も脚の角度や開き具合を変更して、リアルな感じに追い込みました。
腰を曲げると、前バランスになっていよいよ不安定。
脚に極力負担をかけずに、エロいポーズで、立ち姿勢を安定させると言う、3つの条件をギリギリのところで実現しています。

こんなポーズで立たせられると言う、ひとつの基準ができましたので、今後ますます自然なポーズ、そして色っぽいポーズを追求して行こうと思います。

これからのまなみにぜひご期待ください。
そして、来年もどうぞよろしくお願いしま~す!

ホーム

ひとみのバニー

木偶の坊 座りG+キュート

木偶の坊 座りG+キュート

さてね。
年賀用に使おうと思ったバニー。
撮ってみて、やっぱ違うなーと思ったので公開。^^;

今回、新しくリングフラッシュライトを買いました。
カットウィッグ キュートの目
目のハイライトが輪になるやつ。

が、ちょっと離れると全然効果がない・・・。
ドールウィッグ キュート
しかも周辺のケラレがひどいのでワイド側では使えません。
こりゃ失敗だったな。^^;

と言うわけでいつものライティング。
木偶の坊 座りG+キュート

まあ、持ってればどっかで使う機会もあるでしょ。^^

ホーム

動画1

練習用に写真を使って1分半のクリップを作ってみました。

OR156B Ketty 紹介クリップ


練習用なのでダメダメですが、ご覧になってみてくださいませ。^^;

ホーム


(原版)ネグリジェ

表示画像をそのまま保存すると1200*1800pixel 200KB弱。
リンク先画像は、3744*5616pixel 6MB前後の元画像です。

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

さてね。
時、まさにクリスマス。

ラブちゃん用に買ったネグリジェを借りて天使風。
コスではないけどステレオタイプの天使になった気がします。^^;

ネグリジェっていいですね。
着せやすいし、肌触りがいいし、透けない。
これ、下着つけてないんですよ。^^

ホーム

ラブの天使

隠れキャラ、ラブちゃんです。^^

木偶の坊 座りG キュート

木偶の坊 座りG キュート

さてね。
普段、俺シャツを着て部屋の隅っこに座ってるラブちゃん。
木偶の坊 座りG キュート
寒そうに見えたので、長袖ネグリジェを発注。

ついでに、この前出番を失った羽。
木偶の坊 座りG キュート

まったく無補正でリサイズだけしました。
やっと色合いも整ってきたかな?

実物はもうちょっとかわいいんだけど、写真だとなぜかキツく見えますね。^^;
木偶の坊 座りG キュート
この子をもっときれいに見せる手立ても今後考えていきたいと思います。

ホーム

経験値を上げよう5

写真のクオリティを上げるためのレッスン5

PPAP

リンク先は900×600 1.17MBのGIFアニメです。
TPEドール OR156B Ketty

元の動画に誤り?らしきものがあったのでそのままコピってあります。
PPAP
(C)avex

(Pen-Pineapple-Apple-PenPineapple Pen!)
前の文字の消し忘れだと思うのですが、気にする人も少ないですよね。

さてね。
ドールを楽しむ可能性のひとつとして、「踊ってみた」風の画像を作りました。

実はすっごく気楽に考えていたんです。
「りんごとパイナポーにペン刺すだけじゃん?」
くらいの考えでした。

ごめんなさい。ボク間違ってました。

パロる上で、コスも用意してないから、リンゴとパイナポー用意すりゃいいなと思って、いつも山ほどパイナポーを置いてある近所のスーパーへ行きました。

ない!

安いやつは100円くらいで売っているはずのパイナポーがひとつもない!
あるのは美しく切られたカットパインだけ。orz

慌ててもうちょっと遠いスーパーへ。
ここにもない!

とてつもない焦燥感に襲われつつもう一つのスーパーへ急ぐ。

あった!
パイナップル
んがっ! 高い・・・。

Doleのスウィーティオですわ。
俺でも知ってる高級品だわ。
どうする・・・、俺。

パイナポーがなければ始まらない。
画的にもこれなら納得の仕上がりのはず・・・。

買うしか!

じっくり吟味して形のいいやつをそっと買い物かごへ。

ついでにここでリンゴも買おう。
リンゴの棚に向かう俺。

え? リンゴが1個500円!?

ないわー。

これは即決で「なし」の判断。
結構な遠出になったので、帰る途中にある100ローで108円のリンゴゲットだぜ!

と言うわけで、撮影より果物の調達に時間と労力を費やした今回の撮影でした。
IMG_6339
もちろん撮影も大変でしたけどね^^;

ホーム

カメラ代えたよ

Canon EOS 5D MarkⅡ
(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.

EOS KDXを手に入れてから1年半。
少しずつ慣れてきて、同時にもっとこうならと言う不満が出てきていました。
何より不満だったのがピント合わせが自由にできないこと。

撮影中の画像を背面の液晶で見れないか。
その表示を拡大できないか。
下を向けると重さで伸びてしまうレンズは困る

そんな不満を、私の1年半の写歴を支えてくれたカメコ師匠にぶつけてみました。
あっさり回答が返ってきました。

EOS 5D MarkⅡ
5D2
普段の撮影モード

改善点
・APS-C 1000万画素→フルサイズ 2000万画素
・ライブビューができる
・任意の場所5倍か10倍に拡大してピント合わせができる
・グリッド(方眼線2種)の表示ができる
・フォーカシングスクリーンを交換できる(方眼がある)
・フルHD 30p24pの動画撮影ができる

本当は24-105のLレンズを勧められたのですが、ちと高すぎたので、とりあえずで28-200手振れ補正なしのレンズにしました。
慣れてきたらLレンズに替えようと言う作戦です。

Canon EF 28-200mm F3.5-5.6 USM
Canon EF 28-200mm F3.5-5.6 USM
(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.

ネットで評判を見ると、シャープじゃないけど変なひずみもなく、素直な描写をするレンズとのこと。
ピント甘いんじゃ期待できないなーと思いました。

が、撮って見て驚いた。
5D2にはレンズデータを登録して光量ムラを補正する機能があり、フラットな明るさの画が撮れます。
さらにフルサイズ2千万画素の恩恵でしょうか、ピントの合っているところはしっかりシャープで、ボケるところはAPS-Cよりも明確にボケます。
ボケがきれいなんです!

前のレンズが11倍で、これは7倍ですから少し寄りが弱くなりますが、下を向けても伸びないレンズは使いやすいです。

しかも5D2は撮影時に好みの画質に調整して記録できる機能も備わっています。
素直なレンズ+最適な調整で、撮りっぱなしのまま、ちょうどいい画像データが作れると言う、夢のような組み合わせなのです。
当然弱点であるピントの甘さも、シャープネスを調整することで補えます。
もしかするとレンズは買い替える必要ないかも知れませんね。^^

先日の画像
TPEドール OR156B Ketty
リンクは3744*5616pixel

上の画像の顔部分だけを等倍でトリミング
TPEドール OR156B Ketty
十分にシャープですね。

ただ、ISO1600でシャープネス7(最高)にしたため、ノイズが出ています。
その後のテストでISO800でシャープネス3にすればノイズも気にならず、十分なシャープさが得られるとわかりました。
データ量もシャープネスで大きく変わるため、あまり大きくならず6MBくらいに収まるように設定。
このくらいのデータ量ならネットでも苦にならないし、ライブドアブログでも公開できます。

そんなわけで、これまでの不満をすべて解消した100点のカメラを手にすることができました。
カメコくん曰く、連写スピードやレスポンスを気にしなければ、現行のカメラに引けを取らないとのこと。
スポーツ撮るわけではないので、スピードは気にしません。^^

映画モード
5D2にステレオマイクCVM-V30
新しく買ったステレオマイクを付けて動画にも挑戦します!(*゚∀゚)=3

取材モード
5D2にEX430
手持ちの資産(フラッシュ)も活かせました。

せっかくグレードアップしたので、この機能を無駄にせず、楽しいブログになるよう活かしていきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

ホーム

経験値を上げよう4

写真のクオリティを上げるためのレッスン4

片足立ち


TPEドール OR156B Ketty
参考にした画像はこれ。
渡辺麻友
渡辺麻友さん(出典:Yahoo!)

付随して撮った画像も併せてご覧ください。(強制)
リンク先画像は、1856*2784pixel 900KB前後の元画像です。

実験成功の瞬間
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

まなみが立ってる!(ハイジ風)
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

脚のポーズが広がってうれしい。
TPEドール OR156B Ketty
※片足立ちは微妙なバランスと繊細な作業が求められます。不用意に立たせると破損につながりますのでご承知おきください。

片足立ちだとおけつもより魅力的。
TPEドール OR156B Ketty

美しいボディラインです。
TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

さてね。
以前マリリンを撮った時、まゆゆに似たショットがあって、逆にそのその画像に似たまゆゆ画像を探したことがあります。

その時出会った画像がこの羽まゆゆ。
渡辺麻友
まゆゆの体型がきれいだと言うのはヲタ仲間も認めるところですが、あいあいは特にこのスリムなラインが気に入っています。

元々まなみをお迎えしたのも、まゆゆとほぼ同じボディスペックだったのが一因ですからね。^^

で、この羽まゆゆに似せてまなみを撮りたいと思ったのですが、これを実現するには片足を曲げて、片足で体重を支えなくてはなりません。
いかんせんTPEドールは両足で立つだけでも非常に危険。

そこで私は考えた。

TPEドールは片足を曲げてしまうと、体重を支えきれず倒れます。
TPEドールは脚を曲げると倒れる

片足でバランスを取ろうとすると、足の裏に角度がついているので、関節を挫いてしまいます。
TPEドールは片足に体重をかけると挫きます

通常背中に当てている壁を、倒れる側の肩に当てることで、片足でもバランスが取れるのでは?
倒れる側を壁に立て掛けてバランスを取る
これなら!

と言うわけで、今回の実験&撮影となった次第でございます。

せっかくなので羽くらいは実物を使おうとオーダーしたのですが、2週間経っても届かず、仕方なく羽なしで撮影。

実験の結果は見事成功。
TPEドール OR156B Ketty
これでポーズの幅が広がりますね。^^

で、撮り終わった瞬間に届いたんです・・・。
天使の羽
どーすんだよ、これ。

ホーム

(原版)真冬JK

表示画像をそのまま保存すると1200*1800pixel 200KB弱。
リンク先画像は、3744*5616pixel 6MB前後の元画像です。

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

TPEドール OR156B Ketty

さてね。
すでに何度も登場しているJKブレザー制服。

今回はショートダッフルを着せた真冬スタイルです。
雪国であればロングコートに防寒ブーツになるのでしょうけども、あまり重装備になってもドールに負担だし、着せるの大変だし、仕舞うところもないので、このコーデにしました。^^;

今回、初めての試みで、色の濃い紺のハイソックスを履かせています。
「色が移りますよ」とご心配される方もいると思います。

安心してください。履いてますよ。
白ソックスon紺ソックス
色移り防止用に、白ハイソックスを履かせて、その上に紺ソを履かせています。

今まで気付かなかったのが迂闊なわけですが、保護すれば色の濃い服だって怖くないんです。
肌色ストッキングを穿かせて、その上に黒ストだっていけます。^^
ますますバリエーションが増えそうですね。

あと、今回からカメラが変わってます。
面白いもので、わかってくると現状に不満が出るんですね。

お世話になっている某カメコくんに相談して、一気に不満が解決できるカメラ教えてもらいました。
キャノン EOS 5D MarkⅡ
EOS 5D MarkⅡ
カメラに関しては、後日またきちんと記事にしたいと思います。

とにかくまだ慣れていないので、今回サイズはそのままですが、色調変えて、ノイズ軽減をおこなっています。
それだと原版とは言えませんよね。^^;
次回からは撮りっ放しの最高画質データを掲載したいと思います。

言い訳がましくなってしまいましたが、年末年始はドールにもカメラにも活躍してもらって、見てくれる皆さんを楽しませる内容をじゃんじゃん掲載して行こうと思ってますので、ぜひまた覗きにきてくださいね。

以上、真冬JKでした。

ホーム

ショートボブを作る

木偶の坊座りG 夏音

今日は中途半端な長さのウィッグを使ってショートボブ作りに挑戦します。

BBSで某レモンさんから教えていただいた、「実写に見える」と話題の3DCG「Saya」
Saya
(C)mojeyuka さん

時間をかけて改良を重ねていると言うだけあって、実写にしか見えませんね。
ただ、このリアルさって、ちょっと崩れた輪郭やほくろで醸し出されているような気もします。
そして、短めで特徴的な髪型もリアルさに貢献してると思いました。

で、あるなら、
この髪型にすればほかのドールもリアルに近づくのでは?

と言うわけで、まなみにおまけ?で付属してきた#11のウィッグ
TPEドール OR156B Ketty
これ長さも微妙だし、寄せられそうなので、ミディアムヘアを作った時と同じようにカットしてみることにしたわけです。

都合のいいことに、このウィッグは中分けで作られています。
WMウィッグ #11
ウィッグスタンドに載せてカットします。
WM ウィッグ #11

見本を見ながらジャキジャキ切ること小一時間。

完成しました。
木偶の坊 座りG 夏音
ちょっと切りすぎたか?^^;

並べて比較。
夏音 Saya 比較
トップが細くて、下がもうちょっとボリュームある感じでしたね。

かなりの失敗だった気もしますが、これはこれで今後JKなんかで活かそうと思います。

以上、「ショートボブを作る」でした。

ホーム
view
  • 累計:

ブログ内検索
Authorに連絡