Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ Author:あいあい

2018年01月

(創作)銀シ可鉄道999(1/4)

創作劇場05「銀シ可鉄道999(ぎんしかてつどうスリーナイン」

はじめに
この物語は松本零士氏のコミックス作品をモチーフとして、まったく別のストーリーを描いた同人作品です。
この物語はフィクションです。

登場人物
メーテル 18歳
木偶の坊 座りG + Dollwig cute

Chapter1 Megalopolis

時に西暦2217年の年の瀬。
天涯孤独な身の上で、メガロポリスのスラム街を根城にしている俺は18歳になったばかり。
来年からは強制労働が課せられる。

吹雪の夜、俺の前にメーテルと名乗る女が現れた。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「永遠の命を手に入れて、自由に生きてみない?」

永遠の命もいらないし、自由も別にほしくない。
が、政府の強制労働からは逃げたかったので話を聞いた。

メーテルは終着駅まで護衛してくれれば、地球から250万光年離れたアンドロメダとの間を自由に行き来できる、銀シ可超特急999の無期限パスをくれると言う。

このきれいな子と旅ができる上に、運行中の衣食住提供、停車駅での必要経費まで支給してくれるそうだ。
この厚待遇、断る理由が見つからない。即答で申し出を受け入れた。

Central Station
駅
西暦2218年1月1日の0時00分が999の発車時刻だ。

発車まであと20分。

駅に入ったのも初めてなら、銀シ可鉄道を間近で見るのも初めてだった。
映画版999プラモデル
車両は発展途上星でのカムフラージュとして、250年も前の機関車に似せた外観としながらも、最新の技術を結集させた、銀河間軌道専用の高速移動装置なのだそうだ。

俺たちを乗せた汽車は、ゆっくりと走り出した。

メーテルは俺と同い年の18だと言う。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
密かにこの子との関係を期待した。

汽車はレールを離れ宇宙へ向かう。
劇場版999プラモデル
煙や蒸気はホログラムで、実際には楕円形のシールドに包まれたカプセルのようなものだ。

999は各所にある亜空間トンネルで時間短縮を図るが、それでも終点まで片道2年を要する。
地球に戻れるのは早くて4年後の2222年。

窓からメガロポリスが見える。
空撮夜景
何もいいことがなかった星だが、しばらく戻れないと思うと感慨も一入だ。

地平線に太陽が昇る。
劇場版999プラモデル
この先、何が待ち受けているか楽しみで仕方ない。

メーテルに促され寝台車へ行く。

扉に鍵を閉めたかと思うと、いきなり俺を突き飛ばすメーテル。
(ドン!)
「なっ!?」

「これが本当のあたしよ!」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「えっ!?」

ワンピースの下はセクシーなランジェリーだった。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
突如のエロスだったが、俺の股間はビビッドに反応する。

「でかくしてんじゃないよ」
いきなりそこを鷲掴みにされた。
SMの類に興味はなかったが、目指すゴールへ行けるなら、どんなルートでも構わない。
彼女のSM趣味に付き合おう。

「メ、メーテルさま・・・」
「気安く名前を呼ぶんじゃないよ、このブタ野郎!」
「はい! 済みません」

「あたしを満足させるんだよ」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
ヤる気満々でズボンに手をかけた。

次の瞬間、いきなり頬を張られる。
(パーン!)
「うっ!」
「なに汚い物出そうとしてんだ! 舐めるんだよ!」

殴る蹴るはさすがにごめんだ。
言われるまま彼女のアソコを舐める。

次第に気持ちよくなったのか、メーテルは甘い声を漏らした。
「あふん」

俺は舌でクリを左右に揺さぶった。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「あ、イきそう・・・」

艶めかしい声に、俺の股間もはちきれんばかりに膨らんでいた。

「あっ! あっ! イっちゃう!」
その声に呼応して舌を激しく動かす。

「イくっ! イくイく! あ・・・あうっ!!!」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
メーテルはビクンビクン痙攣している。

彼女がイくのと同時に、俺はズボンを穿いたまま果てた。
「イっちゃったよ・・・」
ズボンの股間に情けないシミが広がる。

「あら、あなたもイっちゃったのね」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
メーテルはくすっと笑う。

屈辱だったが、終点までは2年ある。
(絶対手懐けて、必ずブチ込んでやる・・・)

こうして、アンドロメダを目指す俺の旅が始まるのだった。
Andromeda

車掌「次の停車駅は、グレープバレー、グレープバレーに停まります」
土星の衛星タイタン
2/4へつづく
ホーム

(妄想)くノ一 おゆう

妄想劇場041「くノ一 おゆう」ゆうみデビュー作

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

『くノ一 おゆう』 新春妄想時代劇SP

まえふり
時は西暦1195年。
俺は、頼朝殿に仕える忍びの長で四十歳になる。
彼女は平氏である北条家の手の者で、名前はおゆう。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
鎌倉殿(どの)の内情を北条家へ流していたのは・・・。


罠にかかったのはくノ一(女の忍び)だった。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「面を外せ!」

「お前は!?」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「おゆう!」

「お前、北条の手の者だったのか」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
おゆうは苦痛の表情を浮かべる。

年端もいかぬ身で奉公にあがり、健気に仕えるおゆうを、俺はかわいく思っていた。

「なぜだ」
聞けば、おゆうは貧しい農家の出で、口減らしに売られたと言う。
北条の元で忍者として厳しく育てられたそうだ。

「不憫なことよ、その若さで命を落としたくはあるまい」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「お願いです! 命ばかりはお助けください」

「ならば、すべて話せ」

おゆうは頼朝殿がすでに限界で、時代は北条家のものだと言う。
それは俺も薄々気付いてた。

たとえ優れた人物であっても、寄る年波には勝てぬ。
俺は頼朝殿に雇われただけで、取り立てて恩義があるわけでもない。

「ふむ、良かろう。おゆう、お前に協力しようではないか」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「お助けいただけるのですか?」

「おゆう、俺の気持ちはわかっておるだろう」
静かにうなずくおゆう。

「俺と夫婦にならぬか」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「私も、密かにお慕い申しておりました」

話は決まった。

俺の一派と北条氏が手を組めば、源氏の駆逐は容易いこと。
おゆうにとっても願ったり叶ったりだろう。

俺は配下の者を退かせ、おゆうの縄を解く。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
おゆうが歯向かう素振りはない。

「お前は俺が守ってやる」
「はい」

おゆうに接吻をする。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
少し震えながらも受け入れるおゆう。

初めてなのだろう、俺も可能な限りおゆうに優しくした。

胸を揉みしだく。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
若いおなごの胸は張りもあり美しい。

股間に顔をうずめ、舌で責める。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「気持ちよう、ございます」

おゆうを俯せにし、尻を突き出させ、なおも舌で責める。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「あっ! あっ!」

秘部のつぼを責める度に喘ぐおゆう。

びしょ濡れになったおゆうの秘部に、俺の肥大した肉棒を捻じ込ませた。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「あああ!」

おゆうが俺のものになった。

おゆうの尻を自分の腹にばんばん叩きつける。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
(ばん! ばん!)

「あっ! ひっ!」
おゆうは快感に酔い痴れている。

そのままおゆうを引き上げ背面騎乗にする。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
おゆうの股間から愛蜜が溢れた。

(ずこん! ずこん! ずこん!)
おゆうはされるまま突き上げられている。
「あっ、あっ」

「あううううっ!」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
絶頂を迎えたようだ。

「気持ちよいか?」
ひくひくしているおゆうに問う。
「ぎもち・・いいれすぅ~」

俺は、おゆうを仰向けに寝かせ再度媾(まぐわ)う。

「では、俺も気持ちようさせてもらうぞ」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「どうぞ、お越し・・・ください」

おゆうの腰を掴み、激しく突き続ける。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「あああああああ!」

「また・・・また行ってしまいますぅ~」
おゆうの顔が快楽に歪む。

「俺もだ、俺も行くぞおおおお!」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
「行きますぅ~! 行く! 行っくぅうううう!」

「うっ!!」
「あううっ!!」
木偶の坊 座りG + Dollwig cute

二人、同時に果てた。


夫婦(めおと)となった俺とおゆうは、北条一派と手を組み、頼朝殿を落馬に見せかけ暗殺。
残る源氏の残党も残らず闇に葬った。

その後、俺とおゆうは多くの子に恵まれ、荘園で子供たちを忍びとして育てる。
木偶の坊 座りG + Dollwig cute
子供たちは、北条氏が統べる鎌倉幕府を、百年に渡り支えることとなるのだった。

出演:ゆうみ 作:あいあい 撮影:EOS 5D2 28-200

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
女忍 Hitomi
女忍 Hitomi

ホーム
view
  • 累計:

ブログ内検索
Authorに連絡