Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ

2019年04月

サンフイ(三汇)ドールを把握する

サンフイ(三汇)ドールを把握する(2019年4月現在)

marya3
160cm マーヤ

フルシリファンの強い味方。
低価格にして超リアル、加えてかわいいとうわさのサンフイドール。
今日は、サンフイにどんなヘッドとボディがあるのかを把握したいと思います。

まず主力である156~168用のヘッド
ヘッドシームレスにできるものとできないものがあるようなので、完全一体型をご希望の方は販売店にご確認願います。

準拠元
SANHUI Model Making Co., LTD
https://www.sanhuidolls.com/

Abigail(アビゲイル)
abigail

Addeline(アデリーン)
addeline

Amelia(アメリア)
amelia

Betsy(ベッツィ)
betsy

Bridgette(ブリジット)
bridgette

Cornie-CE(コニー瞑り目)
cornie

Diana(ダイアナ)
diana

Honoka(ホノカ)
honoka
(小顔のため推奨ボディは145・156)

Jojo(ジョジョ)
jojo

Layla(レイラ)
layla

Liya(リヤ)
Liya

Marya(マーヤ)#008
marya

Maybelle(メイベル)
maybelle

Olivia(オリビア)
olivia

Phoebe(フィービー)
phoebe

Seveline(セブリーン)
seveline

Stephanie(ステファニー)#017
stephanie

メーカーではナンバー管理しているようですが、明確な対比が不明でした。
販売店ごとに独自のネーミングがされているようなので、名前だけでオーダーせず、お気に入りのヘッド画像を添付した方が、より確実なオーダーになるようです。

ボディラインナップ(156~168cm:身長体重はヘッド込み)

156 78 54 81 28.5kg
156

158 81 54 83 30kg
158

160 80 55 83 30kg
160

165+ 81 51 79 31kg
165

165Rcup 102 51 79 39kg
165R

168 83 54 87 32kg
168
156~168のボディは以上のようです。
詳細なボディディテールは、公式サイトにてご確認ください。

145cm

145Acup Aya(アヤ) バストサイズ非公開 50 76 24kg
145aya

145A

145Eva(エヴァ)
145eva

145Yuu(ユウ)
145yuu
Yuuに関しては、販売店によって156以上のボディにも合わせていますが、145ボディでこのバランスですから、156以上だとかなりアンバランスになると思われます。
Yuu

145 73 50 76 25kg
145


ミニドール(ヘッドは専用サイズのようです)

65 Linda(リンダ) バスト(33 30 28) 22 32 3kg
65linda

65

88 Nancy(ナンシー) 43 30 45 6.8kg
88nancy

88

92 Miki(ミキ)
92miki

92 Haruna(ハルナ)
92haruna

92 49 32 52 7kg
92

102 Lisa(リサ) 54 35 55 11kg
102lisa

102

118 Elfie(エルフィ) 62 40 62 18kg
elfie

118

125 Sarah(サラ) 59 40 62 19kg
125sarah

125

1つのサイトに掲載されているデータを一覧化したので、未掲載製品もあるかと思います。
また、随時新製品も出ると思いますが、このページは2019年4月現在のデータとして、加筆は行わないものとします。

最後に、日本からオーダーできる比較的評判のいい販売店を記載しておきます。

KUMA DOLL
https://www.kuma-doll.com/

Apple Trading & Company
http://atcshop.jp/

Queen Sex Doll CO., LTD(Aliexpress)
https://ja.aliexpress.com/store/530221/

閲覧・取引は自己責任にてお願い致します。

ホーム

#Final めざせ! 単焦点レンズ3本

2019年4月29日(改元の2日前)

それは、1本の電話から始まった。

師「Bランク品だけど、“ひゃくみりえふに”のCEマーク付き出たよ」
俺「いくら?」
師「※万ポッキリ」
俺「!」

ここで俺は考えた。(以下飛ばしてくれ)
[100mmF2は俺が師に探してくれと頼んでおいたレンズだ。しかしこのレンズは1991年の発売以降ほとんどモデルチェンジせずに作られたレンズで、初期の個体は28年も前の物になる。さすがに20年以上前のレンズを掴まされたくない。そこで俺は師にひとつの目安としてCEマーキングありを指定しておいた。50mmを入手した時、新旧の見分け方として教えられた、2006年以降のモデルに記されたEU基準適合マークだ。(読まなくていいぞ) これなら古くても13年前だから、レンズとしての余命は残っている。しかしだ。CEマークが付された2006年以降はデジタルが一般化し、それに伴ってズームレンズも高性能化した時代。2001年にEF70-200mm F2.8L ISが発売され好評を得る。2005年には24-105F4Lが標準ズームとしてカメラに装着された状態で販売される。100mm単焦点はマニアだけのレンズとして、需要は激減してしまうのだ。(まだ読んでるの?) さらに、ハイアマチュアは、とにかく目立つ赤リングを好むため、ゴールドリングの一般レンズは見向きもされない。つまり、CEマーク付きの100mmF2など、ほとんど市場に出回っていないのだ。当然、中古の玉もレア中のレア。新品買っても5万ほどだから、新品を狙ってもいいのだが、50mmの例もあるように、生産拠点がマレーシアに移っているかも知れないし、新型がリリースされる可能性だってある。多少難があっても安くて新し目のレンズが手に入るなら、Bランクで手を打つのはありだ。いやむしろ歓迎だ! 何より安い。その金額なら連休中の軍資金の一部で払える。これを逃す手はないっ! (お疲れ様)]

俺「買う」

以下、ピコパン! と動いて我が家にこいつがやってきた。

最終目標「Canon EF100mm F2 USM」ゲット!
Canon EF100mm F2 USM
Bランクだけあってボディの小傷は目立ちます。

ちなみにキャップはタイプⅡが付いていました。
箱やポーチ・フードなどは付いていません。
レンズのコーティングは古い設計のままで、逆光などの時、レンズフレアが出やすいらしいです。
フードは別途でキャノン純正を用意しようと思います。

安心のCEマーキングあり。
Canon EF100mm F2 USM
AFや絞りの動作も問題なし。

MADE IN JAPAN
Canon EF100mm F2 USM
前の方はキズ多いですね。

この100mm F2と言うレンズは、リアフォーカス(中のレンズを動かしてピント合わせるタイプ)なので、フロントが傷んでいても、カムにダメージが出たり、光軸が狂うと言うことは少ないそうです。
実際ピントリングを回してもレンズの長さはまったく変わりません。

100mmはボケを楽しむレンズだし、自分の腕や撮影の目的では、レンズの良し悪しなど問いませんよね。

と言うわけで、9月に揃えばいいかなと始めた計画購入ですが、平成が終わる前(4月中)に目標達成となりました。
EF28F28IS 50f14 100F2
28mm,50mm,100mm予定の3本コンプリート!

肝心なのは、レンズを集めることではなくて、このレンズを活かしてナイスな画像を作ることです。
便利レンズの28-300Lにはしばらく休んでもらって、この3本を使いこなせるよう集中的に練習ですね。

以上、無事目的達成で、「めざせ! 単焦点レンズ3本」を終了とさせていただきます。
ありがとうございました。
ホーム

50mmテスト撮影

2本目の単焦点レンズを手に入れました。
標準レンズと言うカテゴリの中でも、教科書レンズと呼ばれるキャノン EF50mm F1.4 USM
光、レンズ、絞り、ボケ、ピントなど、写真の基礎を把握するのに適した構造や描写力で、26年もの間生産され続けているレンズです。
単焦点ビギナーとして、このレンズを使いこなせるように写真を撮りまくりたいと思います。

このレンズ最大の特徴は明るさとボケ味。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
これまで暗いレンズしか使ってこなかったあいあいに、F1.4は未知の領域。

正直、どう使っていいか戸惑いました。
とりあえず、手持ちで近寄って何枚か撮りました。

アップ
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
28mmほどではないにしても、広角的な歪みがありますね。

クローズアップ
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
最短撮影距離にして、カメラを前後させて目にピントを合わせました。

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ボケるのおもいしろいですね。

正面
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ピントのヤマが浅いです。

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
どう撮ればいいか悩みます。

ウエストショット
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

最後にもう一度アップ
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

さてね。
正直、慣れないレンズに戸惑ってどう撮っていいかわからず、かわいく撮れなかったし、変わった表現もできなかったように思います。

ネットを見ると、50mmは入門用レンズと言う書き方がされていて、広角の要素もあれば、望遠の要素もあり、使い方次第でいい写真が撮れるレンズだと言うことです。
加えてこのF1.4は、他のレンズにない明るさと、現実離れしたボケ味で、色々な表現にも使えそうです。

ネットの作例などを参考に、50mm1本でバシバシ撮ってみて、この基本レンズをしっかり使いこなせるようにしたいと思います。

ホーム

#4 めざせ! 単焦点レンズ3本

2019年4月25日

第二目標「Canon EF50mm F1.4 USM」ゲット!
Canon EF50mm F1.4 USM
美品です。

付属品も揃ってます。
Canon EF50mm F1.4 USM
まだ新しい感じですね。

さて、今回も師にお願いして、安くて程度のいい中古を見繕ってもらいました。
この50mmf1.4は発売が1993年と言うロングセラーモデルで、下手をしたら26年も前の玉を掴まされる可能性があります。
師に見分け方を聞きましたので、ご紹介します。

Canon EF50mm F1.4 USM

1993~1996年頃
「Canon EF50mm F1.4 USM
最も初期モデルの最大の特徴は50mmの文字の横に、チューリップマーク(最短距離記号)と、0.45m/1.5ftの文字があること。

1997~1999年頃
「Canon EF50mm F1.4 USM
これも初期の部類ですが、チューリップマークと最短撮影距離表示がなくなっています。

ここまでの製品で、シリアル番号の左から4桁が、 4918,5018,5118,5119,5218,5219,5318,5319,5418,5419 の個体は、フォーカスリングに不具合があり、メーカーリコールとなっているそうです。

当然不具合を抱えているか、修理済み品になるので敬遠したいですね。

オートフォーカス切り替えスイッチが(AF/M)となっている物は、どんなにきれいな個体でも、手を出すべきではないとのこと。

2000年以降
「Canon EF50mm F1.4 USM
製造から20年以内の個体の目安は、オートフォーカス切り替えスイッチが、旧来の(AF/M)から(AF/MF)に変更されている点。

いわゆるオモテのデザインは現行品も同じようです。

でも、20年以内だとけっこう古い玉もありますよね。
もう少し、新旧を見分ける手立てはないのでしょうか?

実は、2006年以降、EUの欧州委員会適合マーク「CE」が付けられるようになりました。
2009年以降は、適合品に必ずCE表示が義務付けられています。

なので、2005年までのモデルはウラに何のプリントもありません。
「Canon EF50mm F1.4 USM

2006年以降のモデルにはCEマークが記されています。
「Canon EF50mm F1.4 USM
これがあれば、古くても13年以内に作られたモデルと言うことになりますね。

あとはシリアルや個体の程度を見て、レンズの余命がどのくらいか推し量ればいいそうです。
昔のレンズと違って、ホコリ、カビ、糊(バルサム)切れよりも、電制部品の劣化が怖いので、中古はできるだけ新しい物を選ぶのが大前提なのだそうです。

加えて、驚くべき情報も教えていただきました。
2019年に新品で50mm F1.4を購入した人の話では、レンズ前面にあった「MADE IN JAPAN」の文字がなくなり、「Φ58mm」(フィルター径)になっているとのこと。

日本製50mm F1.4のフロント
「Canon EF50mm F1.4 USM

マレーシア製50mm F1.8 STMのフロント
「Canon EF50mm F1.8 STM

マレーシア製50mm F1.8 STMのフランジ面
EF50mm f1.8 STM

50mm F1.4の最新版画像は見つけられませんでしたが、生産拠点をマレーシアに移したのは間違いないようで、新しい梱包にはmade in Malaysia と表記されているそうです。

現行のEF50m F1.4 USMのパッケージ(2019年現在)
Canon EF50mm F1.4 USM
このパッケージ=マレーシア製とは限らないようですが、レンズキャップがタイプⅡに変更されているものは、フロント面の表示もチェックする必要がありそうです。

もちろんキャノンの管理体制下で製造されているので、マレーシア製だからダメと言うことはありません。
でも、やっぱり日本人なら made in japan を使いたいですよね。
こうなってくると、新品に手を出すのも検討が必要かも知れません。

と言うわけで、EF50mm F1.4の新旧見分け方でした。
「AF/M」と「AF/MF」の違いや、CEマーキングは、一部、他のレンズにも当てはまるそうなので、新旧を見定める参考になると思います。

ここで気になったのは、ウチの子(レンズ)たちは日本製でCEマーク付きだろうかと言う疑問。

早速調べました。

50mm
Canon EF50mm F1.4 USM
もちろんMADE IN JAPAN

CEマーク入ってます。
Canon EF50mm F1.4 USM
ひと安心ですね。

28mm
Canon EF28mm F2.8 IS USM
1か所で確認できました。

28-300L
EF28-300mm F3.5-5.6 IS USM
この個体は、ここ2~3年のモデルなので当然あり。

JAPANの文字もばっちりあります。
Canon EF28-300mm F3.5-5.6 IS USM
安心・安全の日本製

あともう一つレンズがあります。
今ではまったく使わなくなった、おもちゃレンズEF28-200mm F3.5-5.6 USM

まさかないだろうと思ったら・・・
EF28-200mm F3.5-5.6 USMあったよCEマーク!

調べたらEF28-200mm F3.5-5.6 USMは、2000年に発売、2010年に生産完了。
11年間製造されたレンズで、この個体は後期の物と言うことになります。

もちろんこれも日本製
EF28-200mm F3.5-5.6 USM
と言うわけで、我が家にあるキャノンEFレンズ群は、すべて日本製でCEマーク入りでした。

写真のことをまったく知らない自分が、失敗なく良質なレンズを手に入れて来られたのは、ひとえに師が良品を提供してくれているからにほかなりません。
本当に感謝しきりです。

このブログの記事も、これからレンズを手にする人に、有益な情報であることを祈ります。

そんなこんなで、目標の3本の内、28mm、50mmの2本を順調に入手しました。

残るは難敵、100mmF2です。
と言うのも、このEF100mm F2 USMは、1991年発売の28年に渡る超ロングライフ製品で、中古市場に古い個体はあるのですが、デジタル化に伴い高画質ズームが主流になった2000年以降、単焦点100mm自体、数が出ていないため、CEマーク付きの中古出物は極めてレアと言う話なのです。

これは長期戦になるかも知れませんね。
ホーム

Vol.13 ラブドール情報局

一部訂正:Sanhui Doll[三汇]の読み方は、ネイティブの方に確認し「サンフイ」と訂正させていただきました。

こんにちは。第13回Nighty doll ラブドール情報局の時間です。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
今回は理由あって、私ことみが担当させていただきます。

理由はシリコンドールを特集するからなのですが、まずもってプロデューサーあいあいからコメントがあります。

ドールユーザーとして、木偶の坊さんから入ってエアを試し、TPEもお迎えし、TPEのリアルさと、お迎えしやすい低価格から、TPEドールを推奨してきたあいあいです。

ところが、昨今の動向を見ていて思うことがありました。
・TPEドールメーカーの乱立や、悪意のある店舗によって、粗悪品を掴まされるケースが増えていること。
・メーカー・ユーザー共に、TPEの可塑剤(ブリード)の悪性が認知されてきたこと。
・自分がシリコンドールをお迎えしてみて、似た素材でありながら、はるかに付き合いやすい素材だと気付かされたこと。
それらを受けて、今後はシリコンドール推奨のスタンスに変更させていただくことと致しました。

もちろん、シリコンのブリードが無害と言うこともありませんし、裂けやすく、可動域が広く取れないと言うデメリットもあります。
しかしながら、安全性やお迎え後の満足感を考慮し、今後の方向性の変更に至りました。

これまでの意向を否定することになりますこと、この場を借りてお詫び致します。
どうか、お許しください。

2019年4月21日 あいあい

はい。そう言うわけで、今後はフルシリコンドール(通称:フルシリ)を推奨してまいります。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
まずは、シリコンドールメーカーの一覧を記します。

日本製等身大(大人型)シリコンドールメーカー
(金額は女性の平均身長150~160cm製品の最低価格)

オリエント工業 659,500円~
http://www.orient-doll.com/

フォーウッズ 626,400円~
https://4woods.jp/

シリコンアート Ask
http://www.silicone-doll.com/

ライフドール Ask
http://www.lifedoll.net/

メイクピュア Ask
http://www.makepure.com/


日本製 子供型シリコンドールメーカー

トラットリア Ask
http://trottla.net/

アプリコット Ask
http://www.apricot-doll.com/

レベルディー(現在はヘッドのみ)
http://www.level-d.net/


中国製 シリコンドールメーカー

EX DOLL(米:DS 日:アルテトキオ)329,184円~
http://www.exdoll.com/
DS DOLL
https://www.dsdoll.us/
アルテトキオ
http://www.artetokio.com/

サンフイ[三汇](旧サンホイ[三花])242,000円~
https://www.sanhuidolls.com/

ズィーワン[Z-one](アリエクのクイーンさんで取り扱い)
http://www.z-onedoll.fr/

人造人科技[RZR](腕は着脱式)498,000円~
http://www.rzrzn.com/

漏れや誤りがありましたら送信フォームから、メッセージお寄せください。

さて、フルオプションだと80万を超えるオリや4森さんには手が出せないとしても、サンフイの145cmクラスなら20万前後、女性の平均身長である158cmクラスでも25万程度で購入できるようになりました。
アルテトキオ東京さん(EX DOLLの日本代理店)でも30万くらいから158cmクラスをお迎えできます。

サンフイに関しては、後日別の記事として特集させていただきたいと思います。

また、里子(中古)の売買も確立されていて、ドールメイトさん、夢咲黒さんなどで適正価格(日本製シリコンドールでも10~30万ほど)でお迎えすることが可能となっています。

現在TPEドールのお迎えを検討されている方は、ぜひ、もう少し頑張って、シリコンドールをお迎えされることをお勧めします。

これからはシリコンドールの時代かも知れませんよ。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
では、今月のドール情報をお伝えします。

オリエント工業さん
news_2019spring
スプリングキャンペーン2019
最大10万円キャッシュバックと高級下着をプレゼント!
2019年5月7日までとなっております。

http://www.orient-doll.com/


4Woodsさん
ニューフェイス「モカ」発売
4woods モカ
4woods モカ
推奨ボディはA.I.doll Allure のようです。

ありがとうキャンペーン
卒業の3ボディ(A.I.NEO im / A.I.doll EX / CC Body)が定価の10万円割引
卒業の8キャラクターを、ヘッド単体および追加ヘッドでご購入いただくと定価から2万円割引

https://4woods.jp/


木偶の坊さん
木偶の坊フェア
GW直前!お得な応援フェア
大型連休を前に、彼女に恵まれない貴兄にお手軽で肌触り抜群の縫いドールをお勧め。
ボディ5種24,800円均一、マスク2種11,800円
その他、抱き枕2種もフェア価格です。

お勧めは座りG+優花で合計36,600円
ほかにホール、ウィッグ、下着、衣装など別途用意する必要あり。

http://www.dekunoboo.com/


ドールメイトさん
シリコンドール「人造人(RZR Doll)」取り扱い開始

5号ユイ
人造人5号ユイ

6号ミサト
人造人6号ミサト
リアルさで話題の人造人(中国製シリコンドール)
腕は二の腕部分でセパレートとなっています。

http://www.dollmate.jp/


夢咲黒さん
オリエント工業製シリコンドールの里子多数入荷中

オリエント工業アンジェバスト大グリップボディ沙織
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ボディは難あり品ですが、 ¥220,800円[税抜]とお買い得。

その他、多数の里子がいますので、一見の価値ありです。

https://www.yumesakikuro.com/doll/top.htm


クマドールさん
サンフイ[三汇][旧サンホイ(三花)]と言う中国製シリコンドールの窓口です。

Sanhui Doll 145cm D-cup #1
Sanhui Doll 145cm D-cup #1
¥210,000-(税・送料込み)

Sanhui Doll 156cm #21
Sanhui Doll 156cm #21
¥242,000-(税・送料込み)

最も安価なシリコンドールでありながら、上位のEXやRZRに引けを取らないクオリティだと思います。
KUMA Dollさんも、ユーザーレビューでの評価は高いショップです。

https://www.kuma-doll.com/

※閲覧・取引は自己責任にてお願いします。

ドール情報は以上です。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
目まぐるしく動くラブドール業界。
最新情報を仕入れて、損のないお迎えをしていただきたいと思います。

2年目に突入したNighty doll ラブドール情報局ですが、今回はテイストが定まらず白壁に白シャツと言うシンプルスタイルでお送りしました。
次回のテイストは現在模索中ですので、ご意見。ご要望などお気軽にお寄せください。

では、以上でVol.13 ラブドール情報局を終わります。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

文責:あいあい

ホーム

28mmテスト撮影

先日入手したレンズを使って撮影してみました。

広角レンズは広く撮れるレンズ。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
背景に奥行きを感じます。

アップ
オリエント工業 沙織
近寄ると魚眼っぽく歪んでしまいます。

さて、ことみはここまでです。

28mmを入手した目的は、ミニチュア撮影。
そんなわけで、フィルターやチューブなどを一切使わず、素のままのレンズの性能をテストしようと思います。
ちなみに、カメラ側のレンズデータ補正はOFFで撮っています。

まずは解像度

こちらは従来の28-300L
2019年4月20日池袋の空
センサーダスト(繊維)が付いてます。orz

こちらが新しく買った28mm
2019年4月20日池袋の空
比較してみると、シャープさはいまいちですが、周辺部の色のにじみが少ないとわかります。

同じ28mmでも写り方が微妙に違いますね。

右下の一部を拡大します。

28-300L
28-300L一部拡大

28mm
28mm f2.8 IS 一部拡大
特徴的なのは、単焦点の方が右下に引っ張られるように像が変形している点。

このことを受けて、歪曲収差(わいきょくしゅうさ)と言うものをチェック。

28-300L
28-300L歪曲収差

28mm
28mm f2.8 IS 歪曲収差
ズームは樽型に歪むのに対して、単焦点は縦横の線が真っ直ぐ写っていることがわかります。

好みの問題かも知れませんが、ミニチュアなどを実物っぽく撮るのに、レンズの歪みが強いと、うそっぽくなってしまうと思います。
逆に言えば、歪んだ方が迫力が出るのかも知れません。

ここからは、ウチにあるミニチュア(プラモデル)で、最も高細密な宇宙戦艦ヤマト2202の1/1000を撮ってみます。

全長333mm
ヤマト2202-1/1000
歪まないので、正確な形状を撮影できます。

パンフォーカスに挑戦
ようするに、手前から奥までピントが合った状態です。
絞りを最大まで絞って、ピントの山をどこに置くかで可能な限り全体にピントを合わせます。

艦首にピントを合わせると、後方が派手にボケます。
ヤマト2202-1/1000

第一主砲塔にピントを合わせると、ほぼいい感じ。
ヤマト2202-1/1000

ブリッジにピントを合わせると、艦首がボケます。
ヤマト2202-1/1000
と言うわけで、おおよそどのくらいの範囲でピントが合うかわかりました。

それを元に、ヤマトのキービジュアルに寄せてみます。

最短撮影距離に艦首を持ってくるとけっこう小さくなります。
ヤマト2202-1/1000

このくらいがベストですね。
ヤマト2202-1/1000

フレームアウトするまで近づけます。
ヤマト2202-1/1000
迫力出ますね。

ブリッジ
ヤマト2202-1/1000
やはり、レンズのみではあまり寄れません。
クローズアップレンズやチューブを併用する必要がありますね。

後方
ヤマト2202-1/1000

第三主砲塔にピントの合う位置。
ヤマト2202-1/1000

ノズルにピントの合う位置。
ヤマト2202-1/1000
やっぱり小さいですね。

ここからは、劇場版ヤマト(TVアニメ総集編)のラストカットのシーケンス風。
ヤマト2202-1/1000

ヤマト2202-1/1000

ヤマト2202-1/1000

ヤマト2202-1/1000

ヤマト2202-1/1000
以上です。

シャープさではズームの方が上と言う意外な結果でしたが、小さくて寄れるのは大きなメリットです。
ズームの大きなピントリングに慣れていると、小さなピントリングは目視しないとわかりにくかったですが、慣れれば問題なさそうです。

この28mmを有効に活用して、ミニチュアをリアルに撮影してみたいと思います。

ホーム

ペンタ棒の使い方

先日仕入れました、デジイチのイメージセンサークリーニングアイテム。
O-ICK1
ペンタックス O-ICK1(通称:ペンタ棒)

ちょうど、ウチの5D2にダストが溜まってきたのでクリーニングします。

ダストのチェック
RGB119標準グレーチャート
RGB119の標準グレーチャートを使います。

ダストを確認しやすい設定
・できるだけ望遠を使う
・レンズのピントを無限遠∞に合わせる
・絞りはできるだけ絞る
・ISO感度はできるだけ下げる
・被写体は空やグレーの壁などのベタ素材

室内のシーリングライトで撮影した場合のデータ
ダストチェック
レンズ:300mm
ピント位置:∞
シャッター:30秒
絞り:f40.0
EV値:+1/3
ISO:100

ダスト画像
IMG_1593

拡大
ダスト1
上の左右を切り出しています。

盛大にダストが付着してますね。

ここで、ダスト位置について説明を加えます。
受光面に映る映像の関係
デジカメはデジタル処理で正像になるよう回転させているわけです。

どこを掃除するか
画像とセンサーの位置関係
覚えておきたいのは、上下だけ反転した場所にダストがあると言うこと。

では、早速見せてもらおうか、ペンタ棒の性能とやらを!
ペンタ棒
クリーナーと粘着フィルム

ペンタ棒の樹脂形状
ペンタ棒
角と広い面に触れるよう考えられた形状。

棒の反対側は樹脂の向きをわかるようにしてある。
ペンタ棒
親切設計ですね。

粘着フィルムをめくります。
ペンタ棒付属粘着フィルム
ご存知の通り、シリコンにはブリードがあります。

柔軟性を保つための油が染み出してくるわけです。
ペンタ棒
なので、使用説明書にも長時間センサー面に触れさせないよう注意書きがあります。

最初に一度、クリーナーを粘着フィルムに接触させて付着物やブリードを取り除きます。
ペンタ棒
準備完了

カメラのイメージセンサーをクリーニング状態にします。
35mmフルサイズイメージセンサー
けっこう汚いなぁ・・・。

センサー面に垂直にペンタ棒を軽く触れさせます。

ペンタ棒は一度センサー面に付けたら、吸着したダストを除去するため、必ず粘着フィルムに触れさせます。
これを繰り返して、再度ダストをチェック。

ダスト画像(ペンタ棒使用後)
ダスト2

拡大
ダスト2
まっっったく取れてません 。・゚・(ノД`)・゚・。

使用感としては、けっこうな粘着力でセンサーを引っ張ることになります。
多くのデジイチのセンサーは、機械的な手振れ補正やクリーニング用に振動する構造になっていて、しっかり固定されているわけではありません。
強い力で引っ張ると、受光面の位置が狂ったり、センサーを駆動する構造に支障を来たす可能性があります。

使ってみた印象としては、細かいダストの除去には向かない印象です。

ネットのレビューでは、かなり有効だと言う声が多いのですが、それは中央部に付着した大きなダストの除去なのかも知れませんね。

さて、隅の細かいダストの除去について。

いつもの綿棒を登場させます。
100均の先の尖った綿棒
100均で売っている先の尖った綿棒です。

綿棒でダストのある位置だけを軽くスリスリします。

ダスト画像(綿棒1)
IMG_1595

拡大
ダスト3
及第点まで除去できました。

左縁の中ほどにあるダストが気になります。
2019-04-17_211934
再度、綿棒でそこをクリーニング。

ダスト画像(綿棒2)
IMG_1596

同じ場所を拡大
2019-04-17_212221
まだ細かいダストが残っていますが、経験上このくらいなら及第点です。

なぜなら、これだけ細かいダストが画像に写る条件は、かなり特殊だと言えるからです。
絞りを浅くするだけでも、ダストはほとんど気にならなくなります。

小さいダストを取り除こうと清掃を繰り返すと、新たに大きなダストを付着させることになったり、センサー面に傷を付けてしまうリスクが跳ね上がります。

そんなわけで、目立つ大きなダストがなければ、そこそこでよしとして、クリーニングを終わらせます。

ダストにはあまり神経質にならず、ナイスな写真を撮影することに神経を集中させましょう。^^
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
以上、ペンタ棒の使い方と使用感レポでした。

ホーム

#3 めざせ! 単焦点レンズ3本

2019年4月15日

レンズ貯金が0円になりました。
レンズ貯金3
実は、知人に前回の残高+αで程度のいい28mmを見つけてもらったのです。

第一目標「Canon EF28mm F2.8 IS USM」ゲット!
Canon EF28mm F2.8 IS USM
ほぼ新品、シリアル新し目。

付属品も全部揃って新品気分。
Canon EF28mm F2.8 IS USM
いい写真撮れるようにがんばらないとね。

早速カメラに装着。
Canon EF28mm F2.8 IS USM
なんだか、急に昔のカメラになったみたいだ。

これに合わせてペンタ棒と呼ばれるスーパーアイテムもゲット。
ペンタ棒
PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1

これは以前から泣かされているセンサーダストを効率よく除去するアイテム。

上のレンズの画像の隅を拡大すると黒い点が見えます。
センサーダスト1
センサーダスト2
これはセンサーに付着した小さなゴミが、センサー面に影を落とすことで出る不具合なのですが、綿棒などで除去しようとすると、センサー表面を移動するだけで中々除去できないのです。

ペンタ棒は、棒の先端に取り付けられたシリコンの吸着特性を使ってダストを除去し、除去したダストを粘着テープに移し替えることで、シリコンを何度でも使えるようにしたもの。

こちらの使用感も近日レポしたいとおもいます。

と言うわけで、予定より早く第一目標をクリアしたので、残る日程を前倒しすることにしました。

5月初旬:50mm購入
6月初旬:100mm購入

今年のGWは28mmと50mmの使いこなし練習をしようと思います。

ホーム

サンダーバードの持ち方2

※この記事は100%冗句記事です。
ミニチュアの扱い方をレクチャーするものではありませんので、あらかじめご了承ください。

サンダーバード2号はこう持ちます。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

イマイ 1984年版 走行モデル サンダーバード2号(改)
イマイ 1084年版 走行モデル サンダーバード2号
ノンスケールで全長は345mm(TB2の設定全長は76.20mとされ、およその縮尺は1/220)

サンダーバード3号はこう持ちます。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

タカラ 2003年版 プレイセット サンダーバード3号
タカラ 2003年版 プレイセット サンダーバード3号
ノンスケールで全長は380mm(TB3の設定全長は87.48とされ、およその縮尺は1/230)

この企画は1/200に近い安価なサンダーバードメカを集めて、ミニチュアで大きさの比較をしようと言うもの。
TB5は1/200スケールに近いものが手に入らないので、次はTB4とジェットモグラの持ち方を撮ろうと思います。
ちなみに、いつになるかは、まったく未定です。
ホーム

三脚(2019)

ドールをお迎えしてから写真撮影に目覚めたあいあいは、最初スマホカメラから入ってAPS-C、そしてフルサイズデジイチとステップアップしました。

カメラに関しては、中古の古いカメラなので語ることもないのですが、いい画像を作る上で、三脚の重要性を痛感していますので、今日はあいあいが使ってみていいと思った三脚を紹介させていただきます。

APS-Cのカメラを手に入れた頃はスリックと言うメーカーの三脚を2つ乗り継いだのですが、正直工作精度も高くないし、使い勝手も悪いのでここでは省略します。

フルサイズデジイチに買い替える時に、しっかりした三脚をと言うことで購入したのが、ベルボンのEX-530です。

Velbon EX-530
Velbon EX-530
三脚はベルボンに限ります。(1ユーザーの意見)

ウチの実機
Velbon EX-530

Velbon EX-530
耐荷重は2kg

大きさが標準的で、持ち運びも楽だし、高さも十分な三脚です。
フルサイズデジイチ+標準系ズームなら、これ1つで大抵の撮影をこなせます。

この三脚の使い勝手のいい点は、ステー付きなことがひとつ。
1つの脚を広げれば他の2脚も開くし、1つの脚を閉じれば、他の2脚も閉じるので、場所を移動して設置してが楽です。
それと、センターポールがクランクのエレベータ式なので、カメラの上げ下げも楽々行えます。

現在(2019年4月)は、EX-530Nと言う新型が出ていて、こちらはステーの付け根にストッパーが付きます。
Velbon EX-530N
閉じた状態、開いた状態でステーをロックできるので、不用意に脚が開閉せず、安定感も増します。

と言うわけで、標準的な三脚をお探しの方にはお勧めですよ。

さて、不満がないかと思われたEX-530ですが、新しく28-300Lと言うバズーカレンズを手に入れたことにより、耐荷重が不足すると言う事態になりました。

そこで購入したのが、ベルボンのSherpa635Ⅲ

Velbon シェルパ 635Ⅲ
Velbon Sherpa635Ⅲ

ウチの実機
Velbon Sherpa635Ⅲ

Velbon Sherpa635Ⅲ
耐荷重は3kg

中型三脚と言う部類らしいのですが、かなりデカいです。
各部がしっかり作られていて、フルサイズデジイチ+バテグリ+バズーカレンズでもほとんどブレることなく、しっかり固定できます。

センターポールの下に付ける錘用のフックも買ってあります。
ベルボン エンドフック
大きくて脚を伸ばさないと底付きするので室内では出番なさそうです。

これで問題はないと思われた撮影機材ですが、ミニチュア撮影に目覚めてしまい、近寄れないズームレンズから、近寄れて軽くて小さい単焦点レンズの購入を目指すことにしたのは、別の記事に書いた通り。

じっくり撮ることを考慮して、純正ACアダプターも購入。
Canon ACK-E6
カプラーの方がバッテリーより軽いので、カメラの重量を軽くできます。

そして購入したのが、ベルボンのEX-323ミニ

Velbon EX-323mini
Velbon EX-323mini

本日届いた実機
Velbon EX-323mini

Velbon EX-323mini
耐荷重は1.5kg

デジイチ+単焦点レンズくらいなら余裕で支えます。
Velbon EX-323mini

最低高18cmまで下がります。
Velbon EX-323mini

これで、大・中・小、適材適所の三脚を使ってより良い撮影ができそうです。
Velbon EX-323mini
以上、ニューカマーを含めたあいあいの三脚紹介でした。

ホーム
view
  • 累計:

Author:あいあい
ブログ内検索