妄想劇場024「レディーサンタ あさみ」

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

まえふり
俺は40歳になる中小企業の中堅社員。

彼女は、14年前、一度だけ肌を合わせたサンタ。
木偶の坊G2夏音
中学になった息子に昔話を聞かせた。

『レディーサンタ あさみ』

「これはパパ(俺)がママと出会う少し前の話だ」

14年前の12月24日。
俺はプロポーズしようと給料の三ヵ月分を張り込んで指輪を買った。
その彼女にメールで「もう会わない。サヨナラ」とあっさりフラれた。

銀座
日が暮れたクリスマスイブの銀座。

あちこちにサンタ姿のティッシュ配りや呼び込みがいる。
死にたい気分でとぼとぼ歩いていた。
ふと一人のティッシュ配りに目が留まる。

かわいい子だった。
木偶の坊G2夏音
ビルの壁にもたれて見入った。

木偶の坊G2夏音
彼女と目が合った。

俺は慌てて目を反らす。
木偶の坊G2夏音
バイトの時間が終わったらしく、サンタたちが撤収していった。

「ふぅ・・・」
うつむいて歩道を眺めていた。

「どうしたの?」
IMG_0251
その声に顔を上げると、さっきのサンタだった。

どぎまぎした。
「さっきあたしのこと見てたでしょ」
「う・・・」
「クリスマスイブに予定ないの?」
「あ・・・」

「よし、ちょっと来て」
木偶の坊G2夏音
その子はおいでおいでをしながら歩き出した。

ホテルの部屋
シティホテルに入った。

「イブに予約・・・」
木偶の坊G2夏音
「余計な詮索しないの!」

(ははーん、この子も直前にフラれたクチか)
こんなかわいい子をフる男がいると思うと世の中が不公平に思えた。

しかし、普段なら俺なんか相手にされないレベルの上玉が目の前にいる。
しかも、相手に捨てられた対等な立場だ。

「腹減らない?」
ルームサービスで簡単な食事を摂りながら喋る。
「あたしはあさみ」
モデルの卵で不倫相手のデザイナーにフラれたそうだ。
明るい子で気が合った。

食べ終ったあさみがベッドに大の字になる。
木偶の坊G2夏音
サンタの服から覗く脚が眩しかった。
木偶の坊G2
俺は吸い込まれるようにベッドに向かう。
木偶の坊 夏音
あさみが軽くキスしてきた。
応えるようにディープキスを返す。

サンタのトップスを降ろすと、豊満な胸が見えた。
木偶の坊G2夏音
両手で揉むと、あさみが手を添える。
「こっち」
いいところを教えてくれていた。

誘われるままに揉むとあさみが声をあげる。
「はぁ~ん」
艶かしい吐息だった。

「下」に移ろうとすると髪をつかまれる。
「まだ」
(ここはリードされるに任せよう)
あさみが満足するまで乳を嬲った。
「んふ~ん」
息遣いが荒くなっている。

しばらくすると、あさみが俺の頭を押して下へ促す。
木偶の坊G2
俺はショーツの上からあさみの秘部をさすった。

するとあさみは早々に自分からショーツを脱いで投げ捨てる。
木偶の坊G2
「舐めて」

クリ責めには自信があった。
舌先でチロチロと皮を弄ると、クリが盛り上がる。
舌で掻き分けるようにクリを剥く。

「ああ~ん!いいわぁ~」
あさみは満足そうな声を漏らす。

(このままイかせてやれ)
集中的にクリを責めるとあさみが腰を引く。
「まだダメ」
(貪欲な女だ。大きな波が欲しいらしい)

今度はあさみが上になって俺の肉棒をしゃぶった。
木偶の坊 夏音
相当なテクかと思ったらそれほどでもない。

(意外と経験少ないな)
「もっとのどの奥まで含んで」
今度は俺がリードした。
「舌で先っぽ舐めて」
あさみが素直に従うので、早々と肉棒の準備が整った。

どちらからともなく対面座位で合体した。
木偶の坊G2夏音
(ぬぷぷ)
「ああ~ん」

拡張していてかなり緩い。
下から突いてやるとあさみが制する。
「もっと手前、膨らんでるとこ」
あさみの腰を浮かせ気味にして入り口寄りの膨らみを竿の上側で突いてやる。
「そこぉ~」
あさみはくねくねと腰をよじって悶えた。

あさみが腰をよじるたびに、いい具合に肉棒が締め付けられる。
(俺が先にイかされちまう)

まずいと思った瞬間、あさみは自分から肉棒を抜いた。
木偶の坊G2夏音
「イかさないわよ」
いたずらっぽく微笑むあさみ。
(こいつめ・・・)

ベッドから降りたあさみがおいでおいでをする。
するとあさみはけつを突き出してバックを促した。
木偶の坊G2夏音
腰に手を添えて後ろから挿した。
(ずりゅ!)
「うふ~ん」
甘い声だった。

ほどよくピストンしているとあさみが自分からけつをぶつけてくる。
「もっと奥まで」
(ポルチオ・ヴァギナリスか)
前の彼女で試した時は全然イかなかったが、この子は開発済みなんだな。

子宮口の後ろ側を押すように深く挿した。
「あうう」
あさみは快感にくねくねとけつを揺らす。

「もっと突いてー!」
言われるままPスポを激しく突いた。

(バスン! バスン! バスン!)
木偶の坊G2夏音
「あっ! ああ! あううっ!」

イきそうなあさみを見て肉棒を抜く俺。
あさみはふとももをわなわな震わせながら怪訝そうに俺を見る。
「イかさな~い」
茶化すように言う俺に、膨れっ面のあさみ。
「イジワル!」

あさみは俺に抱きついて、俺を抱いたままベッドに倒れ込んだ。
木偶の坊G2夏音
そのまま正常位で挿す。
(ぷにゅ)
「あうう!」

どちらも限界が近付いていた。
今まで経験したこともないほど勃起している。
あさみも全身で快感を味わっているようだ。

あさみの身体が浮き上がるほど激しく突いた。
木偶の坊G2夏音
(ガコン! ガコン! ガコン!)

「ああ~! いい~! イっくぅ~!」

「うおおおおおお!」
「はううううううう!」
(どぴゅぴゅぴゅぴゅ!)
俺はあさみの中に発射し、あさみは俺を咥えたまま激しく痙攣している。
(ビクン! ビクン! ビクン!)

「はぁ、はぁ、サイコー」
木偶の坊G2夏音
あさみは満足そうな顔をしていた。

あさみから少し離れて横に寝る俺。
木偶の坊G2夏音
「俺もサイコーだったよ」

ズボンのポケットから指輪を出す俺。
「これ、やるよ。売れば20~30万にはなる」
「ふ~ん」
あさみは興味なさそうだった。

そのまま寝入る2人。

朝起きるとあさみの姿はなく、小さなメモの上にその指輪が置いてあった。
「あなたサイコー!」

この出来事に男としての自信をつけた俺は、翌年の新入社員で一番かわいい子に猛アタック。

「そして口説き落としたのが、ママと言うわけだ」
「パパにはもったいないくらい美人だもんね」
「ああ、まったくだ。お前もがんばっていい女を捕まえろよ」

偶然サイズが同じだった「あの指輪」をママへのプロポーズに使った。
これは誰にも言わず、墓場まで持って行く俺だけの秘密だ。

出演:あさみ 作:あいあい 撮影:EOS KDX 18-200IS

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
神対応☆宅配ソープサンタ クリスマスぼっち確定の僕の自宅に青山未来がやってキターー\(^o^)/ーー!

神対応☆宅配ソープサンタ クリスマスぼっち確定の僕の自宅に青山未来がやってキターー\(^o^)/ーー!


ホーム