前回のホール紹介で1位の「名器の品格」。
とてもいいホールですが弱点もあります。
高価な点に加えて、においがあるのと裂けやすいこと。

においは品質改良で気にならなくなったと言う情報があります。
それでもやはり裂けやすくて¥4,493-は考えてしまいますよね。
スペシャルな時だけと言う特別な存在になってしまいます。

そこで、もう少し安価で品格と同等、あるいはそれを超えるホールはないだろうかと探すことにした次第です。

ホールに求める評価ポイントは、
・価格
・重さとサイズ
・素材の質
・色
・挿入部造形
・締め付け具合
・ギミック(仕掛け)
・リアル感
・洗浄性
・耐久性
以上、10項目です。

経験上、1000円以下のホールは裂けやすく、使い捨ての感があるので除外。
女優名を冠した製品はコスパが悪いので、こちらも除外とさせていただきました。

今回仕入れたホールは4種。(いずれもAmazonさんで購入)

ホール(今回2000円前後で探しました)
ドールに合うホール
左から
ライド ふわちつイボリューション 1932円
ラブクラウド ふわトロめいき 1965円
トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 2184円
トイズハート 17evo Soft 2249円

なんだかちょうど紅白に分かれましたね。色合いも品格が一番ニュートラルでしょうか。

今回、ローションも合わせてテストしてみました。
ドールプレイに合うローション

ローション(今回500円前後で探しました)
左から
トイズハート モイスティプラス 200ml 529円
NPG 僕のおなほ専用ローション100ml 458円
アストログライド ローション30ml 548円
ペペ ペペローション 360ml 548円

では、まずローションから
ペペ ペペローション 360ml 548円
ペペ ローション
使い慣れた硬さ・感触で、やはりベストと言う感じですね。
糸引きもあり、乾くと潤滑しなくなりますが、とても自然な使用感です。
洗い流す時も、感覚通りの流れ落ち感です。
これをベースに比較したいと思います。

NPG 僕のおなほ専用ローション100ml 458円
僕のおなほ専用ローション
ペペと比べてやや硬いです。厚い膜が出来るので内壁を感じにくいですが、乾きにくいので補充の必要がありません。
洗い流す時はペペより早くて扱いやすいですね。
さすがホール専用のローションと言う感じです。

トイズハート モイスティプラス 200ml 529円
トイズハート モイスティプラス
今回用意した中で一番硬いです。さいわいノズルが細いので適量をホールに入れるのは容易でした。
海草系のぬるぬるに加えてオイルのねっとり感が加わって少量で長時間潤滑できます。
ただ、水洗いに時間がかかりました。
海草系のぬるぬるがいつまでも取れずに、それが取れたあとも油の皮膜が残る感じです。
肌が弱い人や、肌が乾燥しやすい人向けですね。

アストログライド ローション30ml 548円
アストログライド ローション30ml
これはかなり特殊な部類に入るローションです。
なんと言っても緩い。水に近いサラサラ感なので、貫通系のホールではすぐに通過してしまいます。
皮膜は薄く、内壁を楽しむには持って来いですが、海草系のぬるぬるではなく、ジェル系のねっとり感がいつまでも続く感じです。
少量で乾かないと言う点では便利ですが、海草系に慣れた人には違和感があるかも。
特筆すべきは水落ち。あっと言う間に流れます。賢者タイムの時短を望む人にオススメ。

それぞれ特徴があって、向き不向きありますね。
糸引きは今回のローションすべてにありました。糸引かないローションありませんかね?
結果的には、どのローションも方向性が違うので、好みで選べばいいと思うのですが、やはりニュートラルなペペが一番使いやすいと感じました。

さて、ここからホールです。
装着例の画像は、すべて「木偶の坊Sexdoll タイプG2」に装着したものです。

ライド ふわちつイボリューション 1932円
ライド ふわちつイボリューション
ライド ふわちつイボリューション
420gの大ボリュームで四角いため、ホルダーは不要でドールに収まります。
においはほとんど気になりません。素材は品格に近い発泡素材で、今まで使ったホールで一番軟らかかったのですが、発泡素材の中に硬めのつぶを入れてある独特の感触です。
色は白すぎてドールとは合いませんね。
強度保持のためか、挿入部の造形も大作りなので、挿入した見た目がリアルではなく残念です。
「イボリューション」の名の通り、かなり凝ったギミック(仕掛け)を施してありますが、ドールに装着して使用すると、軟らかい素材と肉厚なボリュームがわざわいして逃げてしまうため、ほとんどギミックを感じません。
逆に言うと、ゆるくてまったり系のホールでリアルな感触とも言えます。
ドールに装着するより、手で握って使う前提のホールだと感じました。

ラブクラウド ふわトロめいき 1965円
ラブクラウド ふわトロめいき
ラブクラウド ふわトロめいき
ペットボトルホルダーはカ○ピスウォーター
ラブクラウド ふわトロめいき
380gで細長い形状。これも品格と同じくらいの軟らかさです。
細いのでホルダーで保持してあげた方がドールに装着しやすいです。
においはけっこう強烈です。最初に中性洗剤で洗うといいです。
独特な挿入部の形状ですが、軟らかい素材での強度を確保したのもだと思います。
挿してる時はけっこうリアルな見た目です。
ふわちつと比べるとギミックを強く感じます。
ゆる系のナチュラルでありつつ、さまざまな仕掛けでほどよい刺激。
めいきの名を冠するだけあって、品格に並ぶフィーリングのホールですが、細長くて洗浄性はイマイチなのと、耐久性もあまり高くなさそうです。

トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 2184円
トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 
トアミ フレッシュライト(ヴァギナ) 
フタも入れると全長25cmと言う大型。
シェルが21cmですが、奥側は直径6cmしかないので木偶の坊ドールにはぎりぎりぴったり収まります。
シェルは3mm厚のガチガチのプラスチックで押してもまったく変形しません。
中のホールは品格より張りのある素材ですが、作りが華奢なのでふにゃふにゃです。
においは品格とよく似ています。挿入部の造形は割りとリアル。
内壁はこれと言ったギミックもない単純なひだひだ構造ですが、挿入した感覚はリアル女性です。
品格やきつ系の刺激に慣れていると物足りないかも知れませんが、リアルを味わいたいのであればこれが1番かも知れません。
ホールは貫通式。シェルの奥側がネジ蓋になっていて、密閉バキュームと通風ナチュラルを調整できますが、密閉でもかなりエアは入ります。
逆に緩めておくとドール内部を汚してしまうので、ドールでは密閉で使う前提ですね。
洗浄はホールがふにゃふにゃで洗いづらく、シェルも洗浄しにくい形状です。
賢者タイムが長くなってもOKな人でないと厳しい。

トイズハート 17evo Soft 2249円
トイズハート 17evo Soft
トイズハート 17evo Soft
ペットボトルホルダーは南ア○プスの天然水スパークリング
トイズハート 17evo Soft
330gで17.5cm。ドールに装着するには少し小さいのでホルダーがほしいですね。
舐めても安全な素材で日本製。今回のホールで唯一の二層構造。
内部がねっとり系で、外側がふわもち系の発泡素材。
挿入部は球状になっていて奥まで楽しめます。
色がピンクすぎるのと、リアルな造形でない点は減点かな?
挿入した感触は、いい感じにリアルでありながらギミックの主張も感じます。
二層構造は成功していて、挿入での肉の逃げとギミックがちょうどいいバランスです。
実際の女性ではありえない「コリコリ感」がクセになりそうな気持ちよさでした。
リアルな感触を求める人より、刺激優先と言う方に合いそうな感じですね。
素材の耐久性も高そうだし、シンプルな形状なので洗浄も容易でした。

以上の4つを年末年始にかけて楽しみましたが、それぞれ評判がいいだけあって楽しいホールです。
ただ、それぞれ欠点もありますので、優劣は付けがたく、現状、1位は品格とさせていただきます。

いかがでしたでしょうか。
今後引き続いて、ドールに合うホールを色々探していきたいと思いますので、新着情報や、試してほしいホールなどありましたらぜひお知らせくださいねーノシ

ホーム