レンズ貯金パート4
レンズ貯金3

6月90,000円
7月120,000円
8月150,000円
9月購入

今月はちょっと厳し目でした^^;
でも一応大台に乗った。

さて、徐々に現実味を帯びてきたレンズ貯金。
核になるパーツが替わると、見直さなければならない周辺機器もあるわけです。
レンズが重くなるので、今使っている三脚では耐荷重が持ちません。

そこで、レンズが手に入った暁には、こちらの三脚もゲットしようと思います。
Velbon Sherpa(シェルパ) 635 III
Velbon Sherpa 635 III

今使っているEX-530の上位機種でも3kgの耐荷重があるのですが、色々不満もあるのでお値段4倍くらいになりますが、こちらを手に入れようと思います。

その理由のひとつは、ローアングル撮影ができること!
Velbon Sherpa 635 III
最近、プラモ作りで撮影にローアングルを要求されるのですが、今のは低くならないんすよねー。

あと、オプションでエンドフックが付けられる。
Velbon エンドフック UNC1/4、3/8 共用
Velbon エンドフック
これは何かと言うと、エレベーターステーの下側に取り付けて、そこに重りを引っ掛けて三脚のブレを防ぐためのものなんです。

パッケージの裏
Velbon エンドフック 裏パケ
今の三脚はこれが付かないので、EVロックのネジに重りを引っ掛けていました。

もう一つ、今は接写するのにクローズアップレンズを付け替えて使っているのですが、色々調べるとレンズを足すより、カメラのマウントとレンズの間にエクステンションチューブを入れた方が、きれいに接写できるとのこと。

Canon エクステンションチューブ EF12II
Canon エクステンションチューブ EF12II
レンズをボディから12mm離すだけてかなりの接写が可能になるそうです。
レンズのパワーアップに加えて、接写クオリティも上がりますね^^

大きく重くなっても、ちゃんと対策すれば今以上に使いやすくなり、そしてクオリティも上がるので、今から楽しみです。

あと2ヶ月、ファイト!

ホーム