6ヶ月に渡ってお送りしてまいりました、Lレンズ購入企画。

満額貯まるのを待たずに、裏口購入。^^;
レンズ貯金6
口座は0円となりました。

そしてついに! 我が家にこれがやって来てくれました。
EF28-300 化粧箱
ケース・フード他全部揃った新品同様品。

EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM 入手!

個人的にはかなり嬉しいのですが、相場よりかなり安く手に入れていますし、Lと言ってもお便利レンズなので、大げさな記事にせず、ここでさらっと書いておきます。

今思えば、スマホカメラから始まったドール撮影。
カメラ買ったとか、強化したとか騒いできましたが、昨今のカメラ事情と照らし合わせると、とても偉そうに記事にできる機材ではなかったですね。^^;

軽くおさらい。

初のデジイチ
初のデジイチ(APS-C)
APS-Cです。

レンズ強化
EF-S18-200
18-200(35mm換算29-320)

フルサイズ機に乗り換え
5D2
レンズは28-200

そして人生初のLレンズ
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
赤リングの白バズーカ。

上を見ればキリがないですが、さすがに当面これ以上はいらないと思います。^^
今後は折を見て、徐々に単焦点レンズを揃えていきます。

重さ 1.67kg 最短長184mm(マウント面から突端まで)
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
持ってみるとずっしり重いです。

重てぇ~
重い・・・
重~い(*^^*)きゅふふ

最伸長257mm
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM 最伸長257mm
でけぇ

しっかり作られてるし、傷んでないのでまったくガタがありません。

バランスチェック(スマホで撮影)
リング台座にクイックシューをつけて重量バランスをチェック。

まずはボディ+バッテリー1個

重量は、レンズ1670 ボディ810 バッテリ80で、合計2560gです。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
最短状態でやや後ろ重心。

最長
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
前玉を目一杯繰り出すとぴったりバランスです。
長玉の時に安定させたいので、この状態がベストだと思われます。

バッテリーグリップ+バッテリー2個

重量は、レンズ1670 ボディ810 バテグリ315 バッテリ80*2で、合計2955gです。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
これだと完全に後ろ重心。

最長
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
前玉を出すとややバランスは改善されますが、やはり後ろ重心。

室内での撮影はバテグリを外し、AC駆動にするのがバランス的にベストだと思いました。
ACのアダプターを用意するのが賢明ですね。

手持ち
試しに首からブラ下げてみましたが、罰ゲームかと思う重さです。
プロカメラマンはこんなの2つも3つもブラ下げてるんですねー。

ただ、手持ちでの操作性は悪くないです。
リング台座を横にして、そこを左手で支えると安定するし、直進ズームなので画角調整も直感的にできます。
AFも速いし、3段分の手振れ補正もあるので、スポーツなんかでも使いやすそう。

でも、落としたりぶつけたりで、瞬く間に壊す自信があります。^^;
自分には、これは室内専用ですわ。

ケラれチェック(元画像掲載)

色々な焦点距離と角度で撮影してみましたが、四隅のケラれはありませんでした。
(当たり前だけどね)
目立つダスト(黒点)がいくつかありますが、そのまま掲載。

28mm
ケラれチェック28mm

100mm
ケラれチェック100mm

300mm
ケラれチェック300mm

各部の操作もしやすいし、ピントリングも合わせやすいトルクでした。
これなら撮影が捗りそうです。

今後はこれ1本で、より美しいドール画像を撮れるよう、がんばっていきたいと思います。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
と言うわけで、念願のLレンズ入手と言う記事なのでした~。

以上で、Road to Luxury を終了とさせていただきます。
応援、ありがとうございました!
ホーム