妄想劇場042「好女 皆藤ことみ」沙織デビュー作

はじめに
一人称「俺」の主観を、ドールで画像化した官能ストーリー。
物語はすべてフィクションであり、名称は架空のものです。
過激な表現や、特異な性描写があることをご承知おき下さい。

まえふり
「俺」は写真が趣味の24歳サラリーマン。

「彼女」は皆藤ことみ(23)窓から見えるマンションの住人。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ファインダーに映るその痴態を見てしまい・・・。

『好女 皆藤ことみ』沙織デビュー作

夕方、会社からマンションに戻ると、三脚に載せたカメラを持ってベランダに出る。
カメラ
俺の部屋は北向きで日当たり最悪だが、向かい合わせのマンションの部屋がよく見えた。
フリー画像 夜のマンションの窓
ここから色んな人の生活を垣間見ては楽しんでいる。

2週間前、俺の部屋からよく見える部屋にかわいい女が越してきた。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
IT企業でイントラのデーターベース開発に携わっている俺は、すかさずそのマンションの顧客ファイルに侵入し、情報をいただいた。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
皆藤ことみ。23歳一人暮らし。勤務先は駅前の小さな商社。

それ以来、時折見せる彼女の痴態を写真に収めてきた。

2週間観察してきたが、男がいる気配はない。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
無防備にカーテンも閉めず、自分を慰めることみはかわいかった。

ひとしきりのオナニーののち、ことみは果てた。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
俺も、同時に、イった。


俺は営業を装って、彼女が務める商社に出入りし、彼女との接点を作る。
フリー画像 オフィスビル
彼女が欲求不満なのはわかっている。
上手く行けば、ことみと付き合えそうだ。

少しずつことみと会う機会を増やし、その都度それとなくことみが俺のタイプだとほのめかす。
自分を好きだと言ってくれることに、悪い気はしないだろう。

ことみの周辺を調べ上げ、彼女の好みを熟知してから食事に誘う。
フリー画像 夜の高層レストラン
まだ早い時間に食事を済ませると、「送るよ」と、彼女をマンションまで送る。

「お茶でもどうですか?」
フリー画像 マンションエントランス
案の定、ことみは自分から誘ってきた。

部屋に入るや否や、ことみは俺の前にひざまずき、慣れた手つきで俺のベルトを外したかと思うと、するりとズボンを引き下ろす。
「うおっ!?」

ことみは上目遣いで俺を一瞥した。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「好きでしょ?」

言うか言わないかの内に、ことみは俺のちんぽこを口に含むと、舌の先を使ってカリの下側をペロペロと責める。
(こいつ、男をよく知ってるな)
俺のちんぽこはみるみるデカくなった。

「男の責め方わかってるんだな」
「だって好きだもん」

自分を慰めるだけでなく、男の身体もよく研究しているわけだ。
「来て」

ベッドに向かう間に、スルスルと着衣を脱ぎ捨て、ベッドに着く頃には一糸纏わぬ姿になったことみ。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
俺も負けじと着衣を脱ぎ捨て全裸になると、ことみの股間にむさぼりついて茂みを舌で掻き分けた。

「ああ~ん」
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ことみは大きく嬌声を上げる。

すると、くるりと身をよじりシックスナインの体勢に持って行くことみ。
彼女のクリトリスもみるみる大きくなり、俺はそこを集中的に責めた。
ことみは、巧みに俺のぽこちんのあちこちを責めてくる。

途中、窓の外を見ると俺のマンションが見えた。
フリー画像 夜のマンションの窓
(この距離なら、俺が覗いていたことは気付かれてないな)

気を逸らしたのに気付いたのか、ことみは責めを強くした。
俺の腰は無意識にビクビクと反応してしまう。
「イっちまう・・・」
それを聞いた彼女はぽこちんを咥えた唇をきゅっと締め、激しく前後させた。
(イっていいんだな)
察した俺は、ことみの口内に-一発目-をぶちかます。

(ドピュン!ドピュン!)
フリー画像 水しぶき
精液が大量に吐き出されていくのを感じた。

彼女を見ると、俺のぽこちんをペロペロと舐めている。
(飲んでくれたのか)
一滴残らず飲み干したらしく、俺の精液はどこにも垂れていなかった。
そんな彼女を愛しく感じる。

「今度は俺が」
お礼とばかりに、彼女のクリにレロレロ攻撃を仕掛けた。
覗き見ていた甲斐あって、彼女がイきやすい責め方はわかっている。

「あっ! いいっ!」
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「うっ!」

ことみは、自慰と同じレベルのオスガズムを見せた。
(もっと気持ちよくさせてやる)
続けて責めようとすると、彼女はビクつく身体を這わせ、ベッドのサイドボードから何かを取り出す。

(なんだ? あ、あれは・・・アネロス!)
Aneros
実物を見るのは初めてだった。

前立腺を責めるやつだ。
男の身体は研究済みと言うわけか。

彼女は慣れた手つきでアネロスにローションを塗り、つるんと俺の穴に滑り込ませた。
俺は彼女に身を委ね、成り行きを見守る。
ことみがくいくいとアネロスの取っ手を動かすと、俺に初めての快感が走る。
(これが前立腺責めか!?)
しばし、その快感を味わっていると、尿意に近いものが湧き上がってくる。
(まずい、おもらししちまう・・・)
しかし、俺にはどうすることもできなかった。

彼女のするに任せていると、尿意はますます大きくなる。

「出るよ」
思わず言葉が口をついた。

(ビューッ! ビューッ!)
フリー画像 水しぶき
勢いよく透明の液体が俺のちんぽこから噴出した。

(これが男の潮噴きか・・・)

彼女を見ると、したり顔だった。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
(これはお返しをしなくては)

俺は彼女の小陰唇をベロベロと舐め回し、ぐしょぐしょにしてから右手の中指と薬指を膣に挿入した。

「うふん」
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
彼女は身をよじって悶えた。

ゆっくりと入れた指を動かす。
最初にじゅわっと透明な液が分泌され、しばらくしてヨーグルト状の白いものが漏れ出てくる。
そこからしてくる、いやらしいニオイに興奮を覚えた。

彼女の表情は、完全に快感に酔い痴れている。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「はぁ・・・はぁ・・・」

次第にGスポットが隆起してくるのがわかった。
(来たな)
俺はグイグイとそこを指の腹で押し続ける。

「ああああああ!」
ことみが奇声を発する。
「ここかっ!?」
さらに強く指を上下させる俺。

「だめぇえええええええええええ!」
(ブッシャー!)

「あううっ!」
フリー画像 水しぶき
ことみも大量の潮を噴いた。

「これでおあいこ」

ことみは照れたように俺を見て言う。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「・・・入れて」

俺は復活したぽこちんをことみに挿し込んだ。
(ヌププ)
「はぁん」
甘い声を漏らすことみ。

試しながらゆっくりピストンをしていると、ことみは俺から離れ身を起こした。
「あたしが上になるね」
促されるまま仰向けに寝ると、上にまたがったことみが自分でぽこちんを股間に挿す。

どんな風俗嬢でも、ここまでのテクはないと思わされるスゴテクだった。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
膣の締め具合で搾るようにぽこちんを責めたかと思うと、腰を前後させて、中の亀頭を内壁で刺激する。

「またイっちまう」
それを聞いたことみは、俺から降りて、手でぽこちんを握りシゴいた。
「うっ!」

(ピュピューッ!)
フリー画像 水しぶき
2回目ともなると吐出量も少ない。

それを見たことみは、そのまま続けて俺のぽこちんをシゴく。
「おいおい・・・」
「いいから黙ってて」
されるままにしていると、さっきと同じ尿意が押し寄せてくる。

「あっ!」

(ビューッ! ビュビュー!)
フリー画像 水しぶき
さっきより大量の潮を噴いていた。

「まだよ~」
ことみは、果ててしおれた俺のぽこちんを咥えて吸い続ける。
すると、萎えていた俺のちんぽこは、あっさり復活した。

「今度はあ・た・し」
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
かわいい顔だった。

背面騎乗で合体する。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
彼女は自分で亀頭がGスポに当たるよう動き、腰を前後させて乱れた。

「あああ・・・ あーっ!」
ことみは転がるように俺から降りる。
(ブシャーッ!)

激しく潮を噴いたことみ。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
俺は仰向けのことみに覆い被さり、ぽこちんを奥まで突き挿す。

(プニュニュッ!)
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「あああ・・・」

強い刺激が好きそうなので、激しく突き続けた。
(バコン! バコン! バコン!)

「あぁ・・・ いい・・・」
心酔しきっていることみ。

「中に出してぇ~」
その言葉に俄然奮起、さらに激しくピストンする俺。

(ガコン! ガコン! ガコン!)
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
(イくイく・・・イっちゃうー! あ・・・イくっ!)

「イくぞ!」
俺は、彼女の子宮めがけて精液をぶっ放す。

(ドピュッ! ドピュッ!)
フリー画像 水しぶき
3発目なのに、けっこうな量が吐出された。

彼女は大きく痙攣し、そのボディを震わせている。

「うっ・・・あうう・・・」
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
(ビクン! ビクン!)

(楽しい)
これほど楽しいセックスをしたのは初めてだった。

余韻に浸っていると、ことみが口を開く。
「次いくよ~」
彼女は起き上がり、再度、俺のちんぽこを咥えてきた。

(よーし、そっちが果てるまで付き合ってやる!)
俺もシックスナインの態勢でクリを責める。

この責め合いは朝まで続き、翌日、俺は仕事の欠勤を余儀なくされた。


その後、彼女とは写真のモデルを頼む関係になっている。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
もちろんその後のプレイも込みだが、頻繁に会っていたらこちらの身が持たない。

たしかにかわいい子だし、時々ならプレイも楽しい。
しかし、生涯を共にするのは考え物だ。

撮影は月1として、それ以外は理由を作り、彼女とは会わないようにした。
いつか彼女は、俺なんかより精力の強い男と出会うかも知れない。

俺とことみ。
二人の関係は、この後、どうなっていくことやら・・・。

出演:ことみ 作:あいあい 撮影:EOS 5D2 28-200

今日のオススメDVDはこちら↓(上記のストーリーとは無関係です)
セックスしないとヤル気が出ない 川村あやみ
セックスしないとヤル気が出ない 川村あやみ

ホーム