第二話「ブロッケンの妖怪」

富士の樹海に幽霊が出ると騒動になっている。
富士山

調査を依頼された甲児とさやかは、樹海に向かう。
樹海
そこで幽霊に遭遇した2人だが、甲児はそれが人形だと気付く。

さらに調べると、樹海に秘密基地が建造されつつあった。
樹海の中のコミュニティ
そこは光子カ研究所を攻撃するための前線基地で、幽霊騒動は基地を隠すためのカムフラージュだと突き止める。

するとそこへ、ブロッケンと名乗る異形の男が現れる。
ブロッケンは機械獣マリオN7を操り、甲児とさやかの命を狙う。
マリオN7は人形を自由に操る能力を持っていた。

逃げながら、リモコンでホバーパイルダーを呼ぶ甲児。
ホバーパイルダーPX-01
発進するホバーパイルダー。

しかし、パイルダー到着前にさやかが捕らえられてしまう。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「甲児くん、助けて!」

ブロッケンは、さやかを楯に甲児に降伏を迫る。
「この娘がどうなってもいいのか!?」

躊躇する甲児に、ブロッケンはさやかの衣服を引き裂く。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
「きゃあああああああああ!」

そこへパイルダーが到着する。
ホバーパイルダーPX-01
甲児はリモートでパイルダーを操り、さやかを縛っていたロープを切る。

さやかを抱きとめた甲児は、リモートで機械獣目掛けてパイルダーミサイルを発射!
ホバーパイルダーPX-01
「パイルダーミサイル!」

ミサイルは機械獣に命中。
20130718093916878_ja_1
大爆発を起こす。

ブロッケンは小型飛行艇で逃げてしまった。
pixta_39848474_S
甲児は、さやかを抱いたままパイルダーに乗り込む。

一人乗りのパイルダーだが、さやかを自分のひざの上に載せ、研究所へ帰投する甲児。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
甲児は、敗れた衣服から除くさやかの素肌に興奮した。

後日、Ζによって建造中だった敵基地は壊滅。
造成地
更地に戻された。

ブロッケンと名乗った異形の男は、光子カの技術を狙っていると思われる。
スーパーロボット超合金
敵の攻撃に警戒を強める甲児だった。

次回、第三話「鉄十字とグロゴス」
ホーム