まずは前回のリベンジで50mm
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
50mmの基本は見た感じをそのまま写すこと。

距離感としてはこのくらいでしょうか。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
50mm不思議なレンズです。

こんなサイズで撮るのが基本と言う感じですかね。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ここから様々な表現に発展させようと思います。

次は100mm
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ピントはシャープでボケきれい。

ここで素朴な疑問。
50mm F1.4開放で撮った画像をトリミングして、100mm F2開放で撮った画像と同じ画角にした時、どちらがボケるんだろう?
さっそくやってみました。

100mm F2開放
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
三脚をしっかり固定して、レンズを付け替えます。

50mm F1.4開放
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
元画像は5616*3744ピクセル

Lanczos3(ランチョス法3)で縮小ののち、共にjpeg圧縮90%で保存します。

まずは100mmを1200*800ピクセルに縮小。
EF100mm F2開放

こちらは50mmを2550*1700に縮小して、同じ画角になるようトリミング。
EF50mm F1.4開放を100mmの画角にトリミング
圧倒的に100mm F2の方が大きくボケていました。

F値だけでなく、レンズ固有の性能やクセもあると思いますが、単純計算、F1.4レンズで撮った画像を面積比で1/4にすると、おおよそF2.8相当のボケになると考えてよさそうです。(面積比4倍に拡大すると、被写界深度[ピントの合う範囲]も拡大され、2絞り分絞ったのと同じ画像になると言うわけなんですね)

50mmと比較すると、100mmは明確な望遠レンズと言う印象です。
100mmだと望遠効果が強すぎるから、85mmの需要があると言うのも、単焦点を持ってみて初めて感じたことです。
ズームだとただの通過点ですから、意識しなければ気付きませんよね。

個人的には100mmの距離感、気に入りました。
近付きたいのに近付けない。
でも、もっとよく見たい。
そんなもどかしさを感じる、絶妙な中望遠だと思います。

ここからは100mm F2開放で色々テスト。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

100mmは初恋の味
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
そんな印象の100mmテスト撮影でした。

ホーム