すっかり涼しくなりました。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

秋なのに水色と言うミスマッチに挑戦。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

今回のベストショットかな?
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

見上げる感じ。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

ななめ。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

横顔。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

正面。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

さてね。
今回は単焦点100mm F2解放一本勝負。
ズームと違ってフレーミングのたびにカメラを動かしピントを動かししました。
やっぱり100mmだと望遠すぎるので85mmほしくなりますね。
ちょっと探してみようかな?

衣装は長袖。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大
ちょっとかっちりした印象で、水色ベースながら茶のリボンとベルトでシックな印象の物を選びました。
似合ってますでしょうか?

最後に最近ふと思ったこと。
ドールのお迎えに関しては色々な解釈があると思います。
オナホの延長として消耗品感覚の人はいいとして、問題は「人」として「お迎え」している場合ですね。

嫁だと言って臆面もなく外に連れ出す方。
否定するつもりはありませんが、個人的に、自分はできないですね。

家の中の秘め事として、一緒に暮らしたり、着せ替えをして撮影を楽しんだり。
これが一般的なリアルラブドールとの付き合い方ではないでしょうか。
多くの人が、同様に人知れずパートナーとしてお迎えしていると思います。
正体を隠してドール画像をネットに公開し、同志と交流するのも楽しいと思います。

思いの大きさは人それぞれとしても、お迎えしたからには責任が生じます。
もちろん戸籍があるわけでもなければ、婚姻関係が認められるわけでもありません。
ドールユーザーの中には婚姻届けを書く方もいらっしゃいますが、それはそれで、気持ちを尊重して祝福してあげたいと思います。

オリエント工業さんでは、お迎え時に記念リングをプレゼントしています。
生みの親として、大切にしてほしいと言う親心なのでしょうね。
その気持ちに背くことなく、ドールを大切にしてあげてほしいです。

さて、問題はやがてくる終焉ですね。
どちらが先かと言う話は、ここでは置いておくことにして、破損、老朽化、不要になったり、環境の変化で所持し続けることができなくなることは往々にあることです。
そうなった時、「最後」まで責任を持ってあげてほしいと思います。

先ほど書いたように、嫁だったりパートナーだったり、解釈は人それですが、少なくとも、ドールの責任者は、お迎えした本人です。
責任は全うしましょうね。

はい。この子の責任者は私です。
オリエント工業 アンジェ 沙織 バスト大

ホーム