創作劇場02「キューティー八二ー(きゅーてぃーはちにー)」

はじめに
この物語は永井豪氏のコミックス作品を踏襲しつつ、独自のアレンジを加えたパロディ作品です。
人名・団体名は原作に倣いつつ、一部を独自に改変しております。

登場人物
如月八二ー:16歳女子型アンドロイド
木偶の坊タイプG+キュート
超小型原子炉と、空中元素固定装置を内蔵する16歳女子型アンドロイド。
プルサーマル(永久)機関と高機能人工知能を鉛金製のγコア内に持つ。
コア以外はほぼ人間の組成を持ち、汗も血も涙も出れば、性行為も可能。
キサラギモードには自己修復能力があり、短時間で損傷を修復できる。
原作表記に倣い、一人称は「あたし」である。

変身形態
キューティ:戦闘
木偶の坊タイプG+キュート

フラッシュ:聴覚
dollwig cute

ファンシー:視覚
木偶の坊タイプG+キュート

ハリケーン:操縦
木偶の坊タイプG+キュート

アイドル :案内
木偶の坊タイプG+キュート

ミスティー:伝達
木偶の坊タイプG+キュート
以上の七変化


夏あさみ(16):八二ーの同級生で同室の親友
木偶の坊タイプG夏音

如月博士(故人):放射線物理学の世界的権威でハニーの生みの親

ミスタージル:日本支部長で豹の化け物に変身
スネークパンサー:蛇槍を操るヘビの化け物
ドラゴンパンサー:火炎を操るトカゲの化け物

登場団体
聖チャペル学園:安曇野の山奥にある全寮制の学園
山奥の学園

如月原子核研究所:白馬にある私設原子核研究施設
研究所

パンサーク口ー:国際的犯罪結社で日本支部は東京
某大使館


1/4話『空中元素固定装置』

「神よ、わが夢を叶えさせてくれ」
暗闇に老人の声が聞こえた。

-2016年-

朝 学園寮
学園寮
「急いで八二ー、遅刻したら大変よ」

二人は寮の同室で親友だ。
木偶の坊タイプG

聖チャペル学園
山奥の学園
仲良く平和な学園生活を送る、如月八二ーと夏あさみだった。


白馬にある如月原子核研究所は、パンサークローの襲撃を受けていた。
研究所
如月博士が完成させた、空中元素固定装置を奪うためだ。

博士は研究内容が漏れることを懼れ、自ら諸共、研究所を原子分解させてしまう。

パンサークローの日本支部長ミスタージルは、クラウドデータから、博士の娘、如月八二ーの在校情報を得る。
博士の娘として登録されている八二ーだが、チャペル学園以前の在校記録がない。
不審に思ったジルは、手下を引き連れ学園のある安曇野へ向かった。

夕方
ひとり下校する八二ーの前に、パンサークローが立ちはだかる。
木偶の坊タイプG+キュート
「誰?」

有無を言わさず八二ーを移送車に押し込み走り去るパンサークロー。


走る移送車
高速道路

閉じ込められた八二ーに、ミスタージルが迫る。
木偶の坊タイプG+キュート
「パパが死んだ!?」

研究所が原子分解する映像を見せられる八二ー。
「博士亡き後、装置の在り処を知っているのはお前だけだ八二ー」
「研究のことなんて、何も知らない」
「ならば、知っていることを言え!」

しかし、八二ーにはまったく何も知らされていなかった。
「言わないとひどい目に遭うぞ!」
八二ーは父が亡くなったことに動揺していた。

(バッ!)
木偶の坊タイプG+キュート
八二ーの胸を肌蹴るジル。

「いや!」
大人しい八二ーにできる、最大の抵抗だった。
「もっと恥ずかしい思いをさせてやる!」

「きゃあ!」
木偶の坊タイプG
パンツを脱がされる八二ー。

荒々しく股間を弄るジル。
木偶の坊タイプG
「これでどうだ!?」

「やめて」
性の知識も乏しい八二ーは、されるままになっていた。

「どうしても言わぬのか」
木偶の坊タイプG+キュート
ジルはあらぶる男性器を露出させた。

「咥えろ!」
木偶の坊タイプG+キュート
「いやよ、そんな汚いもの」

「うぐっ」
dollwig cute
ジルはむりやりその口にねじ込んだ。

抵抗してもジルの力には敵わない。
激しいイラマチオの洗礼を受ける八二ー。

「どうだ? 言う気になったか?」
木偶の坊タイプG+キュート
「知らないものは知らないもの」

「では、お前の大事なものを奪ってやる」
「?」
「こうだ!」

ジルは八二ーの股を強引に開く。
木偶の坊タイプG+キュート 麻衣子さんの濡穴 マニアックワールドR02
(クニュニュッ!)

「あううっ!」
八二ーの処女膜が破れ、股間に薄く血が滲む。
「痛い・・・」
「言わないともっとひどいことになるぞ」

(バコンッ! バコンッ! バコンッ!)
木偶の坊タイプG+キュート
「あっ! うっ! ううっ!」

激しくピストンされる八二ー。
「俺の子を孕んでもいいのかっ!?」

八二ーはショックで失神してしまう。
「気を失ったか。ならばこうだ!」

(ドコンッ! ドコンッ! ドコンッ!)
木偶の坊タイプG+キュート
木の葉の如く弄ばれる八二ー。

「イくぞおおおおおおおおおおおお!」
(ズコンッ! ズコンッ! ズコンッ!)
「うっ!」

(ドピュン! ドピュン! ドピュン!)
木偶の坊タイプG+キュート
大量のジルが八二ーに放出された。

気を失ったままの八二ー。
木偶の坊タイプG+キュート
「ふぅ・・・。お前のことは、支部に帰ってゆっくり調べてやる。ふふふ」

移送車は日本支部のある東京へ向かった。
夜の高速道路

2/4へつづく

ホーム