前回、手の爪用のネイルチップを足に貼った、木偶の坊製のセックスドール。
木偶の坊セックスドールの足
よく見ると、やはり長すぎて不自然です^^;

そこで今日は、この手用のネイルチップを加工して、足の爪の形にします。

使用したのは、どこのご家庭にもある爪きり^^
爪きり
我が家の爪切りは安心の貝印。

手始めに一番大きい親指の爪から手をつけました。
イメージとしては、長さより幅の方が大きくなるようにすると、足の爪っぽくなるようだと思われました。

切ってみると、不思議なくらい実際の爪と同じ感覚で切れます。
硬さ、粘り気など素材を吟味して爪に近い材質にしているのですね。

先端はきれいに整っているので、切るのは根元の方にしました。
ネイルシェイパーも使って削ってみましたが、粘り気があるのであまりきれいに削れません。
削るより、爪切りで切った方がきれいな切り口になるようです。
なので、爪切りで形を整えて、最後の仕上げだけシェイパーで削りました。

完成
木偶の坊セックスドール
だいぶ切ったつもりだったのですが、まだ長さの方が幅より大きいですね。
まあでもやりすぎよりはよしとしましょう。

チップが小さくなるので、より軽くなって両面テープで十分固定できます。
木偶の坊セックスドール
これでしばらく様子を見ます。

爪を切る時に、下にゴミ箱を置くと、誤ってチップを落とした時えらいことになります^^;
自分、いらないゴミ漁りをやらかしましたよ。
下に敷くのは空(から)の袋にしましょう^^b

しばらく経時変化を見て、接着か、このままか、撤廃かを判断します。
今後の経過をお楽しみにー。

ホー厶