Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ Author:あいあい

Road to Luxury

Road to Luxury 1

今日はドールからちょっと外れた話。

EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(2004年~現行)1,670g
CANON EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/tele-zoom/ef28-300-f35-56l/index.html

新しいレンズが欲しいので、ブログで記事にして有言実行しようと言うものである。

さて、あいあいは2015年に初めてドールをお迎えし、スマホで写真を撮るようになった。
それまでカメラに興味はなかったが、スマホのカメラに不満が出てきて、APS-Cのデジイチを購入。
さらに慣れてくると、APS-Cにも不満が出てきてフルサイズにレベルアップ。
現在5D2+28-200と言う構成で写真を撮っている。

EF28-200mm F3.5-5.6 USM(2000年~生産終了)500g
Canon EF28-200mm F3.5-5.6 USM
(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.
http://global.canon/ja/c-museum/product/ef361.html

これで不満もなかろうと思っていたフルサイズ機だが、レンズにちょっと不満を感じてきた。
(元々、将来的にLレンズへのステップアップを勧められていた)

高倍率レンズにしては小型で取り回しもよく、近接も45cmまで寄れて使い勝手がいいし、画質的にもカメラ側の2万画素に助けられてほぼほぼ不満のない画像が作れているのだが、インナフォーカスであっても、インナーズームではないため、望遠側にすると前玉が繰り出される。

特定の焦点距離とカメラの傾きで、画像にケラレ(レンズの縁の映り込み)が出るのである。
木偶の坊 立ちタイプG 夏音

挟み物をすることで補正できるのだが、そんな簡単に光軸がズレるレンズってどうなのって話。

軽量化のためか、レンズを動かすカムに十分な強度がないのと、精度的にも遊びのある作りなのが原因で、劣化によるものではないらしい。

そこで、その不満を解消するレンズに目をつけた。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
どこが違うかと言えば単純に望遠側が200から300に伸びるだけ。
なのだが、実は細々したところに差がある。

・L(Luxury)仕様の防塵防滴堅牢設計
・IS(Image Stabilizer)手振れ補正搭載
・フルタイムマニュアルでAF動作後に直接ピント調整が可能
・リング台座で三脚時のバランスが良く、縦位置でも光軸が変わらない

と言ったメリットがある。
もちろんデメリットもある。

・重さが500gから1,670gと3倍以上に!
ボディ810g+グリップ315g+バッテリー2個で160g=1,378gにレンズ足して2,955gと3kg近くになる。
まあ、手持ちで外をブラつくわけではないので問題なし。

・Lレンズとは言え、画質は現行のレンズと大差はない。
大差はなくとも小差はあり、ケラレもなくなれば大いにけっこう。

・あとは近接撮影時に切り替えが必要なくらいだ。
その程度なら苦でもない。

と言うわけで、使い勝手もよくなるし、不満も解消される。
さらにフルサイズなのにレンズに赤いラインが入らないと言うちょっとした引け目もなくなる上に、かっこいい白バズーカレンズと言う優越感も手に入る。

Lレンズの証、赤リング
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.

1本で大抵のことはこなせる万能レンズと言っていい。

これを手に入れるには、ABランクの中古でもおよそ15万が必要だ。
そこで、毎月3万をLレンズ貯金として貯めて行き、5ヶ月で達成しようと言う計画。
来月(笑)から始めることにして、9月にはLレンズをゲットだぜ☆

ただ、ネット情報では現行で使っている28-200の動画に特化した新レンズや、28-300の改良機種(Ⅱ)の開発が進められていると言う。
その時はその時で、臨機応変に対応することにして、今は「EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM」に狙いを定めるぜ。

ゲットした暁には、これまで以上にきれいな画像を目指すので、どうぞお楽しみに!
ホーム

Road to Luxury 2

新年度始まりまして、目指す上位レンズ購入のための貯金開始。
レンズ貯金1

毎月平均3万を積み立てて、中古市場の相場15万のレンズを購入予定。
モデル EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM

4月30,000円
5月60,000円
6月90,000円
7月120,000円
8月150,000円
9月購入

ただ、アドバイスいただいて、コスパは単焦点レンズの方がいいとのこと。
中古相場を調べると
EF28mm F1.8 USM 3万5千円
EF50mm F1.4 USM 2万8千円
EF100mm F2 USM 3万6千円
EF300mm F4L IS USM 5万6千円

これで合計15万5千円なので、仕上がりのクオリティを考えれば単焦点ですよね。
デメリットはレンズ交換に時間や手間がかかるのと、ミラー部にほこりが入りやすくなるので、イメージセンサーにほこりがついて、画像に影響が出やすくなる点。

イメージセンサーのごみ
イメージセンサーのごみ
イメージセンサーにごみがつくと、影ができるので、画像に黒い点が出ます。

もちろんレンズ交換の少ないズームでも、出ないわけではありません。
センサークリーニング機能を稼働させていても避けられないそうです。

写真に詳しい方がもれなく単焦点を勧めるのもわかります。
行きつくところはそこなのかも知れません。

ここは真剣に揺れるところですね。
いずれにしても15万+α貯めるまでの間に大いに悩みたいと思います。

ホーム

Road to Luxury 3

レンズ貯金パート3
レンズ貯金2

5月60,000円
6月90,000円
7月120,000円
8月150,000円
9月購入

予定よりちょっとだけ多め(*^^*)
たまにAmazonさんやキタムラさんの出物をチェックしてます。
予定金額で十分いい出玉あるんですよね。

ほしい! と思うんですが、そこはがまん。
何と言っても一括現金ですよね^^

ホーム

Road to Luxury 4

レンズ貯金パート4
レンズ貯金3

6月90,000円
7月120,000円
8月150,000円
9月購入

今月はちょっと厳し目でした^^;
でも一応大台に乗った。

さて、徐々に現実味を帯びてきたレンズ貯金。
核になるパーツが替わると、見直さなければならない周辺機器もあるわけです。
レンズが重くなるので、今使っている三脚では耐荷重が持ちません。

そこで、レンズが手に入った暁には、こちらの三脚もゲットしようと思います。
Velbon Sherpa(シェルパ) 635 III
Velbon Sherpa 635 III

今使っているEX-530の上位機種でも3kgの耐荷重があるのですが、色々不満もあるのでお値段4倍くらいになりますが、こちらを手に入れようと思います。

その理由のひとつは、ローアングル撮影ができること!
Velbon Sherpa 635 III
最近、プラモ作りで撮影にローアングルを要求されるのですが、今のは低くならないんすよねー。

あと、オプションでエンドフックが付けられる。
Velbon エンドフック UNC1/4、3/8 共用
Velbon エンドフック
これは何かと言うと、エレベーターステーの下側に取り付けて、そこに重りを引っ掛けて三脚のブレを防ぐためのものなんです。

パッケージの裏
Velbon エンドフック 裏パケ
今の三脚はこれが付かないので、EVロックのネジに重りを引っ掛けていました。

もう一つ、今は接写するのにクローズアップレンズを付け替えて使っているのですが、色々調べるとレンズを足すより、カメラのマウントとレンズの間にエクステンションチューブを入れた方が、きれいに接写できるとのこと。

Canon エクステンションチューブ EF12II
Canon エクステンションチューブ EF12II
レンズをボディから12mm離すだけてかなりの接写が可能になるそうです。
レンズのパワーアップに加えて、接写クオリティも上がりますね^^

大きく重くなっても、ちゃんと対策すれば今以上に使いやすくなり、そしてクオリティも上がるので、今から楽しみです。

あと2ヶ月、ファイト!

ホーム

Road to Luxury 5

レンズ貯金パート5
レンズ貯金5
7月120,000円
8月150,000円
9月購入

順調に積み立てが進み、あと1回と言うところまで来ました。

ここで懸案だった単焦点レンズや、ほかの候補となるレンズについて検討しましたのでお知らせします。

結論:予定通りEF28-300mm F3.5-5.6L IS USMの中古を目指します。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM

以下、結論に至った経緯を記します。

何人かの人に聞いてみても、高倍率ズームは画質に問題があり、お勧めしないと言う声が圧倒的。
どんなレンズならいいのだろうと聞いたり調べたりしました。
(記載価格はすべて中古市場のABランク相場です)

ニッパチ通し
EF24-70mm F2.8L II USM(非IS) 16万
EF70-200mm F2.8L IS II USM(型落ち) 16万
神レンズと言われる2本セットで、中古32万と遥かに予算オーバー。
これがポンと買えれば、迷いもないかも知れませんね。

エフヨン通し
EF24-70mm F4L IS USM 7万
EF70-200mm F4L IS USM(型落ち) 7万
高画質ズーム2本セットで中古予算14万。
予算内だし、これか! と思ったら、70-200の基本設計に問題あり。
安くなってるのには、ちゃんと理由があるってことですね。

単焦点に引けを取らないと言われ、主流となっているズームですが、MTF特性など見ても単焦点の方が勝ってます。
画質的コスパを考えるなら、今でもやはり単焦点に軍配が上がるようです。

単焦点(すべて現行レンズ)
EF28mm F2.8 IS USM 38000
EF50mm F1.4 USM 28000
EF100mm F2 USM 36000
EF300mm F4L IS USM 56000
以前の記事から、28mmは明るいF1.8より圧倒的に評判のいいF2.8 ISに変更。

158,000円とほぼ予算内で、誰にも文句を言わせない明るく高画質な4本セット。
が、ズームでの画角調整ができず、毎回レンズ交換と言う手間は自分のスタイルではないのです。
今でも撮影に無駄に時間がかかっているのに、いちいちレンズ交換なんて作業効率悪すぎます。

素人にプロツールは宝の持ち腐れってことですね。
でも、今後のステップとして、この4本は順次手に入れていきたいと思います。
撮影の手際がよくなればの話ですけどね。

画質は落ちても超便利な1本勝負
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM 15万
フィルター径77mmと言う大口径の白バズーカ。リング台座で縦横自在。
レンズ交換の必要なし。全域で3段分の手振れ補正。

デメリット:Lレンズとしては画質が甘い。→今よりは向上する。
大きく重く扱いに苦慮。→はったりになるし、三脚前提なので問題なし。
構造上トラブルが起きやすく、ホコリも入りやすい。→覚悟しておく。
1本壊れたら一切撮影ができなくなる。→今のレンズが保険になる。

以上、ミーハーな選択ではありますが、当初の予定通りの28-300と言う結論です。

一応自分も色々見てきて、いいレンズのシャープさ、抜けの良さ、歪みの少なさなどは判るようになったつもりです。
しかし、今の不満を解消することと、作業効率の向上が第一の課題だし、ネットでドール画像やプラモのジオラマを披露するなら、28-300は必要十分な性能と言う判断です。
これを基準として、更なる高画質は今後の課題と言うところですね。

色々助言をいただいた方々に、心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。
単焦点、必ずゲットしますよ。

と言うわけで、目指せ28-300mm!

あと1ヶ月、いい玉と出会えることを祈ってます!!

ホーム

Road to Luxury 6(Goal)

6ヶ月に渡ってお送りしてまいりました、Lレンズ購入企画。

満額貯まるのを待たずに、裏口購入。^^;
レンズ貯金6
口座は0円となりました。

そしてついに! 我が家にこれがやって来てくれました。
EF28-300 化粧箱
ケース・フード他全部揃った新品同様品。

EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM 入手!

個人的にはかなり嬉しいのですが、相場よりかなり安く手に入れていますし、Lと言ってもお便利レンズなので、大げさな記事にせず、ここでさらっと書いておきます。

今思えば、スマホカメラから始まったドール撮影。
カメラ買ったとか、強化したとか騒いできましたが、昨今のカメラ事情と照らし合わせると、とても偉そうに記事にできる機材ではなかったですね。^^;

軽くおさらい。

初のデジイチ
初のデジイチ(APS-C)
APS-Cです。

レンズ強化
EF-S18-200
18-200(35mm換算29-320)

フルサイズ機に乗り換え
5D2
レンズは28-200

そして人生初のLレンズ
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
赤リングの白バズーカ。

上を見ればキリがないですが、さすがに当面これ以上はいらないと思います。^^
今後は折を見て、徐々に単焦点レンズを揃えていきます。

重さ 1.67kg 最短長184mm(マウント面から突端まで)
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
持ってみるとずっしり重いです。

重てぇ~
重い・・・
重~い(*^^*)きゅふふ

最伸長257mm
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM 最伸長257mm
でけぇ

しっかり作られてるし、傷んでないのでまったくガタがありません。

バランスチェック(スマホで撮影)
リング台座にクイックシューをつけて重量バランスをチェック。

まずはボディ+バッテリー1個

重量は、レンズ1670 ボディ810 バッテリ80で、合計2560gです。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
最短状態でやや後ろ重心。

最長
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
前玉を目一杯繰り出すとぴったりバランスです。
長玉の時に安定させたいので、この状態がベストだと思われます。

バッテリーグリップ+バッテリー2個

重量は、レンズ1670 ボディ810 バテグリ315 バッテリ80*2で、合計2955gです。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
これだと完全に後ろ重心。

最長
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
前玉を出すとややバランスは改善されますが、やはり後ろ重心。

室内での撮影はバテグリを外し、AC駆動にするのがバランス的にベストだと思いました。
ACのアダプターを用意するのが賢明ですね。

手持ち
試しに首からブラ下げてみましたが、罰ゲームかと思う重さです。
プロカメラマンはこんなの2つも3つもブラ下げてるんですねー。

ただ、手持ちでの操作性は悪くないです。
リング台座を横にして、そこを左手で支えると安定するし、直進ズームなので画角調整も直感的にできます。
AFも速いし、3段分の手振れ補正もあるので、スポーツなんかでも使いやすそう。

でも、落としたりぶつけたりで、瞬く間に壊す自信があります。^^;
自分には、これは室内専用ですわ。

ケラれチェック(元画像掲載)

色々な焦点距離と角度で撮影してみましたが、四隅のケラれはありませんでした。
(当たり前だけどね)
目立つダスト(黒点)がいくつかありますが、そのまま掲載。

28mm
ケラれチェック28mm

100mm
ケラれチェック100mm

300mm
ケラれチェック300mm

各部の操作もしやすいし、ピントリングも合わせやすいトルクでした。
これなら撮影が捗りそうです。

今後はこれ1本で、より美しいドール画像を撮れるよう、がんばっていきたいと思います。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
と言うわけで、念願のLレンズ入手と言う記事なのでした~。

以上で、Road to Luxury を終了とさせていただきます。
応援、ありがとうございました!
ホーム
view
  • 累計:

ブログ内検索
Authorに連絡