Nighty doll

ラブドールを楽しむブログ

めざせ!単焦点レンズ3本

#Final めざせ! 単焦点レンズ3本

2019年4月29日(改元の2日前)

それは、1本の電話から始まった。

師「Bランク品だけど、“ひゃくみりえふに”のCEマーク付き出たよ」
俺「いくら?」
師「※万ポッキリ」
俺「!」

ここで俺は考えた。(以下飛ばしてくれ)
[100mmF2は俺が師に探してくれと頼んでおいたレンズだ。しかしこのレンズは1991年の発売以降ほとんどモデルチェンジせずに作られたレンズで、初期の個体は28年も前の物になる。さすがに20年以上前のレンズを掴まされたくない。そこで俺は師にひとつの目安としてCEマーキングありを指定しておいた。50mmを入手した時、新旧の見分け方として教えられた、2006年以降のモデルに記されたEU基準適合マークだ。(読まなくていいぞ) これなら古くても13年前だから、レンズとしての余命は残っている。しかしだ。CEマークが付された2006年以降はデジタルが一般化し、それに伴ってズームレンズも高性能化した時代。2001年にEF70-200mm F2.8L ISが発売され好評を得る。2005年には24-105F4Lが標準ズームとしてカメラに装着された状態で販売される。100mm単焦点はマニアだけのレンズとして、需要は激減してしまうのだ。(まだ読んでるの?) さらに、ハイアマチュアは、とにかく目立つ赤リングを好むため、ゴールドリングの一般レンズは見向きもされない。つまり、CEマーク付きの100mmF2など、ほとんど市場に出回っていないのだ。当然、中古の玉もレア中のレア。新品買っても5万ほどだから、新品を狙ってもいいのだが、50mmの例もあるように、生産拠点がマレーシアに移っているかも知れないし、新型がリリースされる可能性だってある。多少難があっても安くて新し目のレンズが手に入るなら、Bランクで手を打つのはありだ。いやむしろ歓迎だ! 何より安い。その金額なら連休中の軍資金の一部で払える。これを逃す手はないっ! (お疲れ様)]

俺「買う」

以下、ピコパン! と動いて我が家にこいつがやってきた。

最終目標「Canon EF100mm F2 USM」ゲット!
Canon EF100mm F2 USM
Bランクだけあってボディの小傷は目立ちます。

ちなみにキャップはタイプⅡが付いていました。
箱やポーチ・フードなどは付いていません。
レンズのコーティングは古い設計のままで、逆光などの時、レンズフレアが出やすいらしいです。
フードは別途でキャノン純正を用意しようと思います。

安心のCEマーキングあり。
Canon EF100mm F2 USM
AFや絞りの動作も問題なし。

MADE IN JAPAN
Canon EF100mm F2 USM
前の方はキズ多いですね。

この100mm F2と言うレンズは、リアフォーカス(中のレンズを動かしてピント合わせるタイプ)なので、フロントが傷んでいても、カムにダメージが出たり、光軸が狂うと言うことは少ないそうです。
実際ピントリングを回してもレンズの長さはまったく変わりません。

100mmはボケを楽しむレンズだし、自分の腕や撮影の目的では、レンズの良し悪しなど問いませんよね。

と言うわけで、9月に揃えばいいかなと始めた計画購入ですが、平成が終わる前(4月中)に目標達成となりました。
EF28F28IS 50f14 100F2
28mm,50mm,100mm予定の3本コンプリート!

肝心なのは、レンズを集めることではなくて、このレンズを活かしてナイスな画像を作ることです。
便利レンズの28-300Lにはしばらく休んでもらって、この3本を使いこなせるよう集中的に練習ですね。

以上、無事目的達成で、「めざせ! 単焦点レンズ3本」を終了とさせていただきます。
ありがとうございました。
ホーム

#4 めざせ! 単焦点レンズ3本

2019年4月25日

第二目標「Canon EF50mm F1.4 USM」ゲット!
Canon EF50mm F1.4 USM
美品です。

付属品も揃ってます。
Canon EF50mm F1.4 USM
まだ新しい感じですね。

さて、今回も師にお願いして、安くて程度のいい中古を見繕ってもらいました。
この50mmf1.4は発売が1993年と言うロングセラーモデルで、下手をしたら26年も前の玉を掴まされる可能性があります。
師に見分け方を聞きましたので、ご紹介します。

Canon EF50mm F1.4 USM

1993~1996年頃
「Canon EF50mm F1.4 USM
最も初期モデルの最大の特徴は50mmの文字の横に、チューリップマーク(最短距離記号)と、0.45m/1.5ftの文字があること。

1997~1999年頃
「Canon EF50mm F1.4 USM
これも初期の部類ですが、チューリップマークと最短撮影距離表示がなくなっています。

ここまでの製品で、シリアル番号の左から4桁が、 4918,5018,5118,5119,5218,5219,5318,5319,5418,5419 の個体は、フォーカスリングに不具合があり、メーカーリコールとなっているそうです。

当然不具合を抱えているか、修理済み品になるので敬遠したいですね。

オートフォーカス切り替えスイッチが(AF/M)となっている物は、どんなにきれいな個体でも、手を出すべきではないとのこと。

2000年以降
「Canon EF50mm F1.4 USM
製造から20年以内の個体の目安は、オートフォーカス切り替えスイッチが、旧来の(AF/M)から(AF/MF)に変更されている点。

いわゆるオモテのデザインは現行品も同じようです。

でも、20年以内だとけっこう古い玉もありますよね。
もう少し、新旧を見分ける手立てはないのでしょうか?

実は、2006年以降、EUの欧州委員会適合マーク「CE」が付けられるようになりました。
2009年以降は、適合品に必ずCE表示が義務付けられています。

なので、2005年までのモデルはウラに何のプリントもありません。
「Canon EF50mm F1.4 USM

2006年以降のモデルにはCEマークが記されています。
「Canon EF50mm F1.4 USM
これがあれば、古くても13年以内に作られたモデルと言うことになりますね。

あとはシリアルや個体の程度を見て、レンズの余命がどのくらいか推し量ればいいそうです。
昔のレンズと違って、ホコリ、カビ、糊(バルサム)切れよりも、電制部品の劣化が怖いので、中古はできるだけ新しい物を選ぶのが大前提なのだそうです。

加えて、驚くべき情報も教えていただきました。
2019年に新品で50mm F1.4を購入した人の話では、レンズ前面にあった「MADE IN JAPAN」の文字がなくなり、「Φ58mm」(フィルター径)になっているとのこと。

日本製50mm F1.4のフロント
「Canon EF50mm F1.4 USM

マレーシア製50mm F1.8 STMのフロント
「Canon EF50mm F1.8 STM

マレーシア製50mm F1.8 STMのフランジ面
EF50mm f1.8 STM

50mm F1.4の最新版画像は見つけられませんでしたが、生産拠点をマレーシアに移したのは間違いないようで、新しい梱包にはmade in Malaysia と表記されているそうです。

現行のEF50m F1.4 USMのパッケージ(2019年現在)
Canon EF50mm F1.4 USM
このパッケージ=マレーシア製とは限らないようですが、レンズキャップがタイプⅡに変更されているものは、フロント面の表示もチェックする必要がありそうです。

もちろんキャノンの管理体制下で製造されているので、マレーシア製だからダメと言うことはありません。
でも、やっぱり日本人なら made in japan を使いたいですよね。
こうなってくると、新品に手を出すのも検討が必要かも知れません。

と言うわけで、EF50mm F1.4の新旧見分け方でした。
「AF/M」と「AF/MF」の違いや、CEマーキングは、一部、他のレンズにも当てはまるそうなので、新旧を見定める参考になると思います。

ここで気になったのは、ウチの子(レンズ)たちは日本製でCEマーク付きだろうかと言う疑問。

早速調べました。

50mm
Canon EF50mm F1.4 USM
もちろんMADE IN JAPAN

CEマーク入ってます。
Canon EF50mm F1.4 USM
ひと安心ですね。

28mm
Canon EF28mm F2.8 IS USM
1か所で確認できました。

28-300L
EF28-300mm F3.5-5.6 IS USM
この個体は、ここ2~3年のモデルなので当然あり。

JAPANの文字もばっちりあります。
Canon EF28-300mm F3.5-5.6 IS USM
安心・安全の日本製

あともう一つレンズがあります。
今ではまったく使わなくなった、おもちゃレンズEF28-200mm F3.5-5.6 USM

まさかないだろうと思ったら・・・
EF28-200mm F3.5-5.6 USMあったよCEマーク!

調べたらEF28-200mm F3.5-5.6 USMは、2000年に発売、2010年に生産完了。
11年間製造されたレンズで、この個体は後期の物と言うことになります。

もちろんこれも日本製
EF28-200mm F3.5-5.6 USM
と言うわけで、我が家にあるキャノンEFレンズ群は、すべて日本製でCEマーク入りでした。

写真のことをまったく知らない自分が、失敗なく良質なレンズを手に入れて来られたのは、ひとえに師が良品を提供してくれているからにほかなりません。
本当に感謝しきりです。

このブログの記事も、これからレンズを手にする人に、有益な情報であることを祈ります。

そんなこんなで、目標の3本の内、28mm、50mmの2本を順調に入手しました。

残るは難敵、100mmF2です。
と言うのも、このEF100mm F2 USMは、1991年発売の28年に渡る超ロングライフ製品で、中古市場に古い個体はあるのですが、デジタル化に伴い高画質ズームが主流になった2000年以降、単焦点100mm自体、数が出ていないため、CEマーク付きの中古出物は極めてレアと言う話なのです。

これは長期戦になるかも知れませんね。
ホーム

#3 めざせ! 単焦点レンズ3本

2019年4月15日

レンズ貯金が0円になりました。
レンズ貯金3
実は、知人に前回の残高+αで程度のいい28mmを見つけてもらったのです。

第一目標「Canon EF28mm F2.8 IS USM」ゲット!
Canon EF28mm F2.8 IS USM
ほぼ新品、シリアル新し目。

付属品も全部揃って新品気分。
Canon EF28mm F2.8 IS USM
いい写真撮れるようにがんばらないとね。

早速カメラに装着。
Canon EF28mm F2.8 IS USM
なんだか、急に昔のカメラになったみたいだ。

これに合わせてペンタ棒と呼ばれるスーパーアイテムもゲット。
ペンタ棒
PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1

これは以前から泣かされているセンサーダストを効率よく除去するアイテム。

上のレンズの画像の隅を拡大すると黒い点が見えます。
センサーダスト1
センサーダスト2
これはセンサーに付着した小さなゴミが、センサー面に影を落とすことで出る不具合なのですが、綿棒などで除去しようとすると、センサー表面を移動するだけで中々除去できないのです。

ペンタ棒は、棒の先端に取り付けられたシリコンの吸着特性を使ってダストを除去し、除去したダストを粘着テープに移し替えることで、シリコンを何度でも使えるようにしたもの。

こちらの使用感も近日レポしたいとおもいます。

と言うわけで、予定より早く第一目標をクリアしたので、残る日程を前倒しすることにしました。

5月初旬:50mm購入
6月初旬:100mm購入

今年のGWは28mmと50mmの使いこなし練習をしようと思います。

ホーム

#2 めざせ! 単焦点レンズ3本

4・5月に33,000円貯めて6月に28mm購入
6月はちょっと奮発し25,000円確保で7月に50mm
7・8月で30,000貯めて9月に100mmを購入

少し予定を前倒しできそうです。
レンズ貯金2
今月末(実質4月)で第一目標の28mmを入手できそうな状況。

そうなると、
4月 33000円 28mm
5月 25000円 50mm
6月 30000円 100mm
予定を早めて単焦点レンズ3本を手に入れたいと思います。

ホーム

#1 めざせ! 単焦点レンズ3本

今年もやります計画購入。

昨年、28-300と言う高倍率ズーム購入の際、単焦点を勧められたこともあって、今年は単焦点レンズ3本を購入することにしました。

目標レンズ
キャノン
EF28mm F2.8 IS USM
EF50mm F1.4 USM
EF100mm F2 USM

なぜこの3本を選んだか、説明していこうと思います。

1本で全部済ませられると思った28-300の落とし穴は、最短撮影距離。
広角28mm側でレンズ前面から45cmまでしか寄れません。
これがミニチュアなんかを撮影するのにけっこうなストレスになりました。
単焦点なら28mmで23cmまで寄れます。

あとは、明るさですね。
50mmのf1.4と100mmのf2
これで得られるボケが、ドール撮影でより表現の幅を広げてくれそうなのです。

同じ焦点距離でも、F値などで何種類かある単焦点レンズ。
コストと性能の両立を考慮して選びましたので、メリットを説明していきます。

画像は全てキャノンさん公式サイトからの出典引用です。
(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.

まずはミニチュア撮影に欠かせない広角レンズ。

EF28mm F2.8 IS USM
EF28mm F2.8 IS USM
2012年に発売された比較的新しいレンズ。

同価格帯でもっと明るいF1.8もあるのですが、こちらを選んだ最大の理由は「神レンズ」と呼ばれる解像度です。

MTF特性図
EF28mm F2.8 IS USM
単純に言えば、線が上にあってフラットで波打ちがなければいいレンズと言う目安です。

より明るい28mm F1.8と比較すると、その差は歴然。
EF28mm F1.8 USM

キャノンで「神」と呼ばれるのは、基本赤いリング入りのL(Luxury)仕様なのですが、28mm単焦点にはLの設定がないので、安価にして「神」と呼ばれるレンズになっているわけですね。
28mmは迷わずこれに決定。

次は「標準レンズ」と呼ばれる50mm

EF50mm F1.4 USM
EF50mm F1.4 USM
発売は1993年と古めで、改良版発売の噂もありますが、長年キャノンの標準レンズに君臨してきた描写は伊達じゃないようです。

EF50mm F1.4 USM

LレンズF1.2はこちら
EF50mm F2.8 L USM
こちらも一目瞭然ですね。

周辺部の解像度低下はありますが、やはり波打たない点が素直な描写につながっているようで、評価の高いレンズです。

50mmには撒き餌レンズ(廉価で高性能を訴求する単焦点へのお誘い)のF1.8もありますが、こちらはちょっとクセが強いようです。
EF50mm F1.8 STM
十分優秀なレンズではあるのですが、倍額出してもF1.4を入手したいところですね。

と言うわけで、50mmはF1.4に決定。

さて、残るは中望遠です。

EF100mm F2 USM
EF100mm F2 USM
こちらは1991年発売と、50mmより古いレンズですが、やはり優れた性能で高い評価を得ているようです。

EF100mm F2 USM

ドールを撮るのであれば、ポートレートレンズと呼ばれる85mmがマストだと言われました。
たしかにあればいいのは言うまでもありませんが、現状費用もあるので、85mmの領域は50mmのトリミングでカバーします。

EF85mm F1.8 USM
85mmF1.8も100mmF2と同時期に発売された高評価レンズですが、MTF特性図を比較するとバラツキが見られます。

と言うわけで、中望遠は100mmF2に決定。

望遠レンズに関しては、今回見送ります。
300mmF4を検討しましたが、28-300を持っている現状、それほど多用しない300mmはズームでカバー。
違いがあるのは十分わかるのですが、今のところはズームで満足です。

またのちのち、85mmと300mmは必要に応じて検討することにします。

最後に実際の購入計画

市場のABランク中古の相場
28mm 33,000円
50mm 25,000円
100mm 30,000円

合計 88,000円
やっぱり単焦点はコスパいいですね。

4・5月に33,000円貯めて6月に28mm購入
6月はちょっと奮発し25,000円確保で7月に50mm
7・8月で30,000貯めて9月に100mmを購入と言う予定で行こうと思います。

状況は逐一報告しますので、無事単焦点3本購入できるよう、応援よろしくお願いします!

ホーム
view
  • 累計:

Author:あいあい
ブログ内検索